PR

ChatGPTのプロンプトの作成例やコツ、テンプレート

ChatGPTのプロンプト

ChatGPTのプロンプトとは、ChatGPTに対して与える指示や質問のことを指します。プロンプトの内容によって、ChatGPTの出力内容や形式が大きく変わります。適切なプロンプトを設定することが、ChatGPTを最大限に活用するための重要なスキルとなります。

プロンプトには主に以下のような種類があります。

  • ゼロショットプロンプト: 例示なしで直接タスクを指示する。
  • フューショットプロンプト: 入力と出力の例を示してからタスクを指示する。
  • 指示型プロンプト: ChatGPTに具体的なアクションを指示する。
  • クエリ型プロンプト: ChatGPTに質問を投げかけ情報を得る。
  • 創造型プロンプト: 新しいアイデアを生み出すために使用する。
  • 深津式プロンプト: ChatGPTの役割と制約条件を明確にし、問題解決を促す。
  • ReActプロンプト: 推論、行動、観察のサイクルを促す。
  • ゴールシークプロンプト: ChatGPTにプロンプトを生成させる。

効果的なプロンプトを作成するコツとしては、具体性、出力形式の指定、専門家役割の付与などがあげられます。プロンプトエンジニアリングの重要性が高まっており、さまざまなプロンプト手法が提案されています。

ChatGPTのプロンプトの具体例

ChatGPTに対して明確な役割や目的、条件を設定し、詳細な指示を出すことで、より適切な回答を得られるようになっています。

新規事業の企画を作成して欲しい場合

“私は新しい事業を立ち上げたいと考えています。ターゲット層は20~30代の女性で、健康や美容に関心が高い人々です。この事業のコンセプト、提供する商品やサービス、収益モデル、マーケティング戦略などを具体的に提案してください。”

 

英語の先生になって欲しい場合:

“あなたは経験豊富な英語教師です。TOEICの英語リスニング対策のための効果的な学習方法を教えてください。具体的なステップと、オンラインリソースの紹介も含めてください。”

 

Excelの関数を説明して欲しい場合

“Excelの関数VLOOKUP()とMATCH()の使い方と違いを、具体例を使って詳しく説明してください。それぞれの関数の長所と短所、注意点も教えてください。”

 

文章の校正をして欲しい場合

“添付した文書の文章を読んで、誤字脱字、文法ミス、不自然な表現を修正してください。また、分かりにくい箇所があれば指摘し、より明確な表現に書き換えてください。”

 

役割を設定して回答して欲しい場合

“あなたは経験豊富なSEOコンサルタントです。新規ウェブサイトのSEO対策について、初動の手順と専門家に依頼する際の注意点を教えてください。”

 

プロンプトを一から自分で考えるよりは、プロンプト共有サイトなどで目的に近いものを探し、修正を加えながら出力をチェックするのが効率的です。

関連 ChatGPTなどの使い方がわかる!プロンプト文例集

ChatGPTのプロンプトの書き方のコツ

ChatGPTのプロンプトを上手に書くためのコツは以下の通りです。

明確な指示を書く
参照テキストを提供する
複雑なタスクは段階的に指示する
役割(ペルソナ)を演じさせる
出力例やテンプレートを示す

明確な指示を書く

目的や要件を具体的に指示する
期待する出力形式(文字数、文体、構成など)を明記する

参照テキストを提供する

関連する情報源(ウェブページ、PDFなど)を参照させる
背景知識を与えて、より適切な回答を導く
ただし、参照テキストの量には限界があります。

複雑なタスクは段階的に指示する

大きな課題は小さなサブタスクに分割する
中間出力を確認しながら、次の指示を与える

役割(ペルソナ)を演じさせる

特定の立場や職種になりすまして回答させる
文体や語り口を指定して自然な回答を促す

出力例やテンプレートを示す

模範回答例を提示して期待する形式を示す
箇条書きなどの出力テンプレートを与える

ChatGPTのプロンプトまとめ

  • プロンプトは、明確な役割や目的、条件を設定し、詳細な指示をすることで期待する答えが出やすくなる。
  • 出力例やテンプレートを指定すると、定型出力が可能。
  • 回答の解像度(平易な言葉を使うか、専門用語を使うかなど)を指定するには、ペルソナを演じさせるのが有効

関連 ChatGPTの使い方