PR

ChatGPTの使い方 機能と注意点、アプリ対応

ChatGPTの使い方

ChatGPTの使い方

ChatGPTを使うための基本的な手順は以下の通りです

ChatGPT(公式サイト)

OpenAIのアカウントを作成する
OpenAIのWebサイトにアクセスし、「サインアップ」ボタンをクリックして、名前、メールアドレス、パスワードを入力してアカウントを作成します。以前は電話番号が必要でしたが、電話番号での認証プロセスはなくなりました。

ChatGPTにアクセスする
ブラウザでChatGPTの公式サイトにアクセスし、作成したアカウントでログインします。スマホアプリ版もありますが、セキュリティ上公式アプリの使用が推奨されています。

質問や指示を入力する
チャット画面のテキストボックスに、聞きたい質問や実行してほしい指示を自然な文章で入力し、送信ボタンを押します。

ChatGPTの回答を確認する
ChatGPTが入力内容を理解し、人間のような自然な文章で回答を返してくれます。回答内容に応じて、さらに質問を重ねたり、指示を追加したりできます。

ChatGPTを使う上でのコツとしては、以下のようなものがあります

  • 具体的で明確な指示を与える。曖昧な表現は避ける。
  • 文脈や背景情報も提供し、意図が正しく伝わるようにする。
  • 回答が不十分な場合は、追加の質問や指示でChatGPTを導く。
  • 個人情報や機密情報は入力しない。
  • 回答内容は100%正しいとは限らないので、事実確認が必要。

ChatGPTは、情報検索、文章作成、コーディングサポート、アイデア出しなど、幅広い用途に活用できます。

有料プランのChatGPT Plusでは、最新のGPT-4モデルが使え、画像入力や音声出力などの機能が追加されています。

スマートフォンでのChatGPTの使い方

スマホからChatGPTを使うには、公式アプリをインストールします。

スマートフォンアプリを使えば、テキストと音声の両方で簡単にChatGPTと対話できます。

iPhoneの場合

App Storeから「ChatGPT」アプリをダウンロードします。
>>>「ChatGPT」をApp Storeで
アプリを開いて、OpenAIアカウントでログインするか、新規登録します。
画面下部の入力欄にテキストを入力して質問を送信します。音声入力も可能です。
ChatGPTの回答が表示されます。
設定から日本語に変更できます。

Androidの場合

Google Playストアから「ChatGPT」アプリをダウンロードします。
>>>ChatGPT – Google Play のアプリ
アプリを開いて、OpenAIアカウントでログインするか、新規登録します。
画面下部の入力欄にテキストを入力して質問を送信します。音声入力も可能です。
ChatGPTの回答が表示されます。
設定から日本語に変更できます。

重要なポイント

  • 公式アプリ以外はインストールしないでください。
  • 有料プラン(ChatGPT Plus)を契約するとGPT-4やブラウジング機能が使えます。
  • アプリ内でサブスクリプション管理はできません。Webブラウザから行う必要があります。
  • 会話履歴はアプリとWebブラウザで同期されます。

ChatGPTで改行を入力する方法は?

内容を送信せずに、改行して続きを打ち込む方法。ChatGPT自身に聞いてみました。

改行は、Shift+Enterで入力できます。(Excelのセル入力などと同じ)

それをわかってて、あえてこのように質問。「お、お前、改行を入力しとるやろがい!」というツッコミを期待しています。

ChatGPT、お、おまえェ! 「それで良さそうですか?」とはなんだ!

ChatGPTでできることは?

ChatGPTでできる主なことをまとめると以下のようになります。

質問への回答
ChatGPTは幅広い分野の質問に対して、人間のように自然な文章で的確に回答することができます。知識を探したり、概念の説明を求めたりするのに便利です。

文章の作成
指示に従ってブログ記事、製品説明文、広告コピー、ストーリーなど様々な文章を生成できます。アイデア出しや下書き作成の補助ツールとして活用できます。

コーディングサポート
プログラミングコードの生成、デバッグ、説明などを行えます。開発者の作業効率化に役立ちます。

言語の翻訳
テキストを別の言語に翻訳したり、多言語での会話を可能にしたりします。

要約と言い換え
長い文章を簡潔にまとめたり、指定した文体に言い換えたりできます。

創作活動のサポート
小説や脚本、詩などのクリエイティブライティングを支援します。アイデア出しや執筆の手助けをしてくれます。

カスタマーサポート
チャットボットとして顧客からの問い合わせに24時間365日対応できます。定型的な質問への回答や問題解決をサポートします。

このようにChatGPTは多岐にわたる用途で活用できる汎用性の高いAIアシスタントです。ビジネスでの生産性向上や個人の創造性を刺激するツールとして、今後ますます利用が広がっていくことが予想されます。

ChatGPTの日本語対応

ChatGPTは日本語に対応しており、日本語で質問をすると日本語で回答してくれます。ただし、2024年5月現在、インタフェースまわりは英語のままです。

日本語入力と回答

ChatGPTは言語設定を変更する必要なく、日本語の質問に対して自動的に日本語で回答します。日本語以外にも、英語、中国語、スペイン語など多言語に対応しています。

日本語の質問文は正確に入力する必要があり、誤字脱字があると適切に回答できない可能性があります。ほとんどの場合は、自動的に修正して解釈します。

公式サイトとアプリの日本語対応

ChatGPTの公式Webサイトやアプリは英語表記のみで、日本語表示には対応していません。ただし、チャット画面での会話自体は日本語で行えます。

2023年9月時点で、OpenAI公式の日本語サイトやヘルプは存在しません。

日本語設定の可能性

2023年9月頃から、アルファ版(早期プレビュー版)として「Locale」機能が提供開始され、無料ユーザーでも日本語設定が可能になりました。この機能を使えば、チャット画面以外のメニューやオプション画面も日本語表示できます。

GPTsとは

GPTChatは他のシステムとの連携が得意です。

他のアプリとGPTChatを連携させて作った独自のアプリをGPTsと呼びます。

以下のような特徴と活用方法があります。

GPTsの主な特徴

  • プログラミングやコーディングの知識がなくても、誰でも簡単にオリジナルのGPTを構築できる
  • 目的に応じて指示や知識を追加したり、スキルを組み合わせたりしてChatGPTをカスタマイズできる
  • 作成したオリジナルのGPTをユーザー間で共有できる
  • 外部APIと連携することで、機能を拡張できる
  • 2024年1月に公開された「GPT Store」で、作成したGPTを一般公開し、収益化できる可能性がある

GPTsをオリジナルのアプリとして売ることができるんですね。ということは、自分で作らなくても、目的にあったGPTsがあれば購入すればOKということになります。

GPTsの主な活用方法

  • 部署別の専門家GPTを作成し、業務効率化に役立てる
  • 社内ヘルプデスクやカスタマーサポートのチャットボットを開発する
  • 資料やWebページなどのコンテンツの添削・校正に活用する
  • 独自のChatGPTチャットボットを作成し、ビジネスに活用する
  • 自分のニーズに合わせたパーソナルアシスタントを開発する

以上のように、GPTsを使えば、プログラミングスキルがなくても、ChatGPTを自分好みにカスタマイズしたオリジナルのチャットボットやツールを手軽に作成できます。新しいタイプの「ノンプログラミングツール」と言えるかも知れません。これにより、業務の効率化や自動化、専門的なサポートの提供など、様々な場面で活用できる可能性があります。

GPTsの利用にはChatGPT Plusの有料プランへの登録が必要で、機密情報の入力には注意が必要など、いくつかの制約や注意点もあるため、活用の際は留意が必要です。

ChatGPTは連携が得意で、CatchyやNotionAIの内部でテキスト生成AIエンジンとして使われています。

関連 Catchyの使い方

関連 Notion AIの使い方

ChatGPTのデメリット

他の生成AIと比べたときの、ChatGPTの主なデメリットは以下の通りです。

最新情報への対応の遅れ
ChatGPTの学習データは2021年9月までのものであり、それ以降の最新情報には対応していない。一方、Bing AIやGoogle Bardは最新の情報にアクセスできる。(GPT-4の学習データは2023年4月版にアップデート)

専門性の高い質問への対応力不足
ChatGPTは幅広い分野の一般的な質問には対応できるが、専門性の高い質問には十分に答えられないことがある。専門的な知識が必要な分野では、情報の正確性に欠ける可能性がある。

意図しない著作権侵害のリスク
ChatGPTが生成したコンテンツは、学習データに含まれる既存の文章の一部を再構成している可能性があり、意図せずに著作権を侵害するおそれがある。

無難な回答になりがち
ChatGPTは学習データに基づいて無難な回答を生成する傾向があり、ユニークで刺さる表現を得るのは難しい。一方、人間のライターは独自の視点から印象的な文章を書ける。

悪用されるリスク
ChatGPTを悪用して、フィッシングメールや悪性コードを大量に生成することが可能であり、サイバー攻撃の増加などが懸念される。

以上のように、ChatGPTには最新情報への対応の遅れ、専門性の高い質問への対応力不足、著作権侵害のリスクなどの課題があります。一方で、Bing AIやClaude 3など他の生成AIサービスにはこれらの課題を克服する特徴もあるため、用途に応じて適切なサービスを使い分けることが重要だと言えます。

ChatGPTへのログイン