PR

AIボイスレコーダーの比較 自動で議事録を作成するツール

AIボイスレコーダーの比較

AIボイスレコーダーは、録音した音声を自動で文字に起こしてくれる便利な機能を備えています。クラウドと連携して、より文字起こし精度を高めた機種もあります。

特に人気の機種を比較してみました。

製品名 PLAUD NOTE AutoMemo R AutoMemo S VOITER SR502J
メーカー PLAUD ソースネクスト ソースネクスト iFLYTEK
価格 29,800円 13,860円 19,800円 59,900円
文字起こし方式 クラウド連携 クラウド連携 クラウド連携 クラウド連携
録音時間 約30時間 約12時間 約16時間 約20時間
内蔵メモリ 64GB 4GB 16GB 16GB
マイク数 2個 8個
ディスプレイ なし 2インチ 2.83インチ あり
対応言語数 57カ国語 72言語 72言語 日本語・英語
特徴 ChatGPT連携 シンプル操作 文字確認可能 リアルタイム文字起こし、ノイズ除去

おすすめのAIボイスレコーダーをいくつかご紹介します。


PLAUD NOTE

薄くてかっこいい。
クラウドファンディングで15億円以上の支援を集めた話題の製品
OpenAIの最新AIモデル「ChatGPT」と連携し、高精度な文字起こしが可能
専用アプリと連動して文字起こし結果の確認や編集ができる
通常録音モードと通話録音モードを搭載
価格は本体33,000円、月額利用料1,000円(公式セール価格あり)
関連 PLAUD NOTEの使い方

VOITER SR502J

単体で文字起こしが可能。
AIを搭載し、リアルタイムで音声を文字に起こす
録音中の音声を自動で修正し、より正確な文字起こしを実現
800万画素カメラ内蔵でWeb会議の録画も可能
価格は59,900円関連 VOITER SR502Jの評判

AutoMemo
一番安いAIボイレコ。形はイマイチかも…。
録音から文字起こし、テキスト検索まで一台で対応
クラウドで録音データを管理し、スマホ/PCと連携
音声クリアAIでノイズを抑えた高音質録音
録音時間やメモリ、画面サイズが異なるRとSがある
価格は本体19,800円、月額980円(30時間まで)関連 AutoMemoの評判

AIボイスレコーダーを選ぶ際は、文字起こしの精度、操作性、価格帯などを総合的に見比べると良いでしょう。用途に合わせて最適な製品を選んでください。

ボイスレコーダーとLLMの連携のメリット

一部のボイスレコーダーはLLM(大規模言語モデル)と連携して文字起こしなどが可能です。

関連 LLMと生成AIの違い

LLMとの連携は、以下のようなメリットがあります。

音声データの自動文字起こし
LLMの優れた音声認識機能を活用することで、ボイスレコーダーで録音した音声データを自動で文字起こしできます。これにより、手動での文字起こし作業が不要になり、大幅な時間と労力の削減が可能になります。

音声データの要約と分析
LLMは文章の要約や分析が得意です。録音した会議や講義の音声データをLLMで要約・分析することで、重要なポイントを簡潔にまとめることができます。

最新のデータに更新
LLMはアップデートされ続けるので、常に最新のデータで文字起こしができます。新語や新しい単語の文脈に沿った文字起こしが可能になります。

多言語対応
LLMには優れた多言語対応能力があり、様々な言語の音声を認識し、文字起こしや翻訳ができます。グローバル企業での会議録音などに役立ちます。

リアルタイム文字起こし
一部のLLMシステムでは、ボイスレコーダーからの音声入力に対してリアルタイムで文字起こしを行うことができます。会議中の発言をその場で文字化できるので、議事録作成が効率化されます。

音声データの検索性向上
文字起こしされたテキストデータは、キーワード検索が可能になります。必要な箇所を音声データから簡単に探し出せるようになります。

LLMとボイスレコーダーの連携により、音声データの活用がより手軽で効率的になり、業務の生産性が大きく向上する可能性があります。

AIボイスレコーダーのまとめ

機能面と、使っているときのカッコよさなら、PLAUD NOTE。現時点ではこれが一番おすすめ、間違いないです。


PLAUD NOTE

最安のAIボイスレコーダーを求めるなら、AutoMemo(ソースネクスト)。


AutoMemo

VOITERは本体は高いですが、文字起こし料金が無料。長く使うほど得する。


VOITER SR502J