PR

ChatGPTと音声会話 スマホアプリの音声認識機能

ChatGPTと音声会話

ChatGPTには音声会話機能があり、スマートフォンのアプリ版で利用できます。以下がその使い方と特徴の概要です。

  • iOSまたはAndroidのChatGPTアプリをインストールする。
  • アプリを開き、右下のヘッドフォンアイコンをタップする。
  • 音声の種類を選択する(5種類から選べる)。
  • 「Start Speaking」と表示されたら話しかける。
  • ChatGPTが音声で応答してくる。
  • 会話履歴はテキストで記録される。

音声会話機能の特徴

  • 手を使わずに音声のみでChatGPTと会話できる
  • 英語や日本語など複数言語に対応
  • 音声認識エンジン「Whisper」を使用し、高い認識精度
  • 5種類の音声から選択可能
  • 会話履歴がテキストで記録されるので後から確認可能
  • 英会話の練習やハンズフリー操作などに活用できる
  • 無料版でも利用可能だが、有料版だと回数制限が緩和される

音声会話機能を使えば、これまで以上にChatGPTとのコミュニケーションが自然で便利になります。ハンズフリーでの操作や言語学習などの活用が期待されています。

ChatGPTと日本語で音声会話ができる?

ChatGPTには音声会話機能が搭載されており、日本語にも対応しています。

スマートフォンアプリ(iOS/Android)では標準で音声会話機能が利用できます。PCブラウザ版では、Google ChromeなどのWebブラウザに専用の拡張機能を追加する必要があります。

音声認識自体は、スマホや拡張機能でおこなっているようです。

関連 音声認識AIの仕組みや

スマートフォンアプリでの設定方法

  • ChatGPTアプリを開き、右下のヘッドフォンアイコンをタップします。
  • 音声と言語を設定します。
    「Voice」で音声を選択
    「Main Language」で日本語を選択

PCブラウザでの設定方法

  • Google Chrome拡張機能「Voice Control for ChatGPT」または「ChatGPTの音声コントロール」をインストールします。
  • ChatGPTサイトにアクセスし、拡張機能の設定で音声と言語を日本語に設定します。

関連 ChatGPTの拡張機能のおすすめ

音声認識エンジンWhisperが搭載されており、フィラー(「えー」など)を自動で削除して自然な会話が可能です。 また、プロの声優の音声サンプルを使用しているため、人間の声に近い自然な音声が生成されます。

ChatGPTと音声会話ができない理由は?

ChatGPTの音声会話機能が利用できない主な理由は以下のようなものが考えられます。

マイクの設定が正しくない
音声入力を行うためには、デバイスのマイクが正しく設定されている必要があります。マイクがミュートになっていたり、アクセス許可が与えられていない場合は音声入力ができません。

インターネット接続の不安定
音声会話はインターネット接続を介してサーバーと通信するため、接続が不安定だと音声データの送受信に支障が出る可能性があります。

サーバーの過負荷や障害
ChatGPTのサーバーが過負荷状態にあったり、一時的な障害が発生していると、音声会話機能が利用できなくなることがあります。

アプリやブラウザの非対応
音声会話機能はスマートフォンアプリ版とGoogle Chromeの拡張機能でのみ利用可能です。対応していないアプリやブラウザでは使えません。

設定の不備
音声会話機能を有効にする設定が正しく行われていないと、機能が利用できない可能性があります。

履歴がオフになっている
一部の端末では、履歴がオフになっていると音声会話ができない制限があるようです。

これらの原因を確認し、適切な対処を行うことで音声会話機能が利用できるようになる可能性が高くなります。また、一時的な障害の場合は時間を置いて再度試してみるのも良いでしょう。

ChatGPTと音声会話のまとめ

  • ChatGPTは、日本語で音声会話が可能
  • スマートフォンアプリを使うともっとも手軽に音声会話が可能
  • ChatGPTとの音声会話ができない場合は、設定の見直しや時間をおくことで可能になるケースあり

関連 ChatGPTの使い方