PR

ChatGPTの拡張機能のおすすめ Google Chrome

ChatGPTの拡張機能

ChatGPTは非常に人気のあるAIアシスタントで、Google Chromeの拡張機能を使うことで、さらに便利に活用できます。ここでは、おすすめのChatGPT関連の拡張機能をいくつか紹介します。

WebChatGPT

WebChatGPTは、ChatGPTにインターネット検索の機能を追加する拡張機能です。 ChatGPTは2021年9月までのデータに基づいているため、最新の情報を扱えないという欠点がありました。しかし、WebChatGPTを使えば、リアルタイムの検索結果を反映した回答を得られます。

ChatGPT for Google

この拡張機能を使うと、Google検索の結果画面にChatGPTの回答が表示されます。 検索結果とChatGPTの回答を同時に見比べられるので、より的確な情報を得やすくなります。

ChatGPT Writer

メールの返信文や記事の下書きなど、文章作成をChatGPTにサポートしてもらえる拡張機能です。 Gmail上で動作するので、ビジネスメールの効率化に役立ちます。

Superpower ChatGPT

ChatGPTで使ったプロンプト(質問文)やチャット履歴を自動的に保存・検索できるようになる拡張機能です。 良かったプロンプトを後から探し出せるので便利です。

その他の拡張機能

上記以外にも、YouTubeの動画を要約する「YoutubeDigest」、音声入力に対応する「Voice Control for ChatGPT」など、様々な拡張機能が提供されています。

これらの拡張機能を組み合わせて使うことで、ChatGPTの活用範囲がさらに広がります。自分のニーズに合った拡張機能を選んで、ChatGPTをカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

WebChatGPT

ChromeのWebChatGPTは、ChatGPTの機能を拡張する優れた拡張機能です。以下の点が主な特徴となります。

ウェブアクセス機能

WebChatGPTは、ユーザーのプロンプトに関連するウェブ検索結果を取得し、ChatGPTの回答に反映させることができます。

ユーザーのクエリに関連するウェブページをスクレイピングし、その内容を考慮して回答を生成します。
指定したURLからウェブページのテキストを抽出し、回答に活用できます。
検索結果の数や期間、言語などを細かく設定可能です。

この機能により、ChatGPTの知識が2021年9月までに限定されていた弱点を補うことができます。

ワンクリックプロンプト

WebChatGPTには、さまざまな用途のプロンプトテンプレートが数百種類用意されており、ワンクリックで呼び出せます。

日常的なタスクに役立つプロンプトが多数収録されています。
ユーザー自身でプロンプトを作成・管理することも可能です。

AI検索機能

WebChatGPTには、検索結果の横にAIが生成した回答を表示する「AI検索」機能があります。

ChatGPT、Claude、Bard、Bing AIなどのAIモデルを選択できます。
一般的な検索プラットフォームと連携できます。

WebChatGPTのインストールと使い方

WebChatGPTは以下の手順でChromeに追加できます。

関連 ChromeウェブストアのWebChatGPTページ

  • 「Chromeに追加」ボタンをクリック
  • 確認ポップアップで「拡張機能を追加」をクリック

インストール後、ChatGPTのプロンプト入力欄の上にWebChatGPTのツールバーが表示されます。ここで各種設定を行えます。

ChatGPT for Google

ChatGPT for Googleは、Google Chromeの人気の高い拡張機能の1つです。この拡張機能を使うと、Google検索の結果ページに加えて、ChatGPTによる関連する回答が表示されます。

ChatGPT – Google Play のアプリ

主な機能

Google、Bing、DuckDuckGoなどの主要な検索エンジンに対応しています。
検索キーワードに関連したChatGPTの回答が、検索結果ページの右側に表示されます。
ChatGPTの回答はコピーやリンク共有が可能です。
無料版と有料版があり、有料版ではChatGPT-4やClaude AIなどの高度なモデルが利用できます。

利点

検索結果と関連する詳細な説明をChatGPTから得られるため、効率的な情報収集が可能です。
検索結果ページを見るだけで疑問が解決できる可能性が高まります。
情報検索にかかる時間と手間を軽減できます。

注意点

無料版ではAIモデルに制限があり、高度な機能は利用できません。
ChatGPTのログイン状態でないと利用できません。
検索結果に対する返答の履歴がChatGPTに蓄積されるため、設定を変更して手動モードにすることが推奨されています。

Superpower ChatGPT

Superpower ChatGPTは、ChatGPTの機能を大幅に拡張するChrome拡張機能です。主な機能は以下の通りです。

Superpower ChatGPT

プロンプトとチャットの管理

  • プロンプトやチャットの履歴を自動保存し、検索できる
  • チャットをフォルダで分類できる
  • チャットにタグ付けやピン留めができる
  • チャットをエクスポート(.txt, .json, .md形式)できる

カスタマイズ

  • プロンプトの文字数や単語数をカウントできる
  • 使用モデル(GPT-4、GPT-3.5など)を切り替えられる
  • ダークモードに対応
  • ショートカットキーの割り当てができる

その他の機能

  • 画像ギャラリーでプロンプトと生成画像を確認できる
  • 音声入出力に対応したVoice GPTモード
  • GPTストアでカスタムプロンプトを検索・利用できる
  • GPT-4の利用状況を確認できる
  • ニュースレターを読める

Superpower ChatGPTはChromeウェブストアからインストールでき、ChatGPTのUIにシームレスに統合されます。プロンプトの管理や履歴の検索など、ChatGPTをより使いやすくするための多彩な機能が備わっています。

YoutubeDigest

Chrome拡張機能のYoutubeDigestは、YouTubeの動画を要約するためのツールです。以下の特徴があります。

YoutubeDigest

主な特徴

  • ChatGPTを使った動画要約: YouTubeの動画の字幕を自動的にChatGPTに送信し、要約文を生成します。
  • 要約形式の選択: 記事形式、箇条書き形式、セクション分けなど、様々な要約形式から選択できます。
  • 言語設定: 要約の言語を日本語に設定できます。
  • データ出力: 要約文をPDF、Word、テキストファイルとしてエクスポートできます。
  • 追加の質問: 要約後にChatGPTに追加で質問をすることができます。

使い方

  • Google Chromeの拡張機能としてYoutubeDigestをインストールします。
  • YouTubeの動画ページを開き、画面右上の「Summarize」ボタンをクリックします。
  • 必要に応じて要約形式や言語設定を変更します。
  • 要約が完了するとその内容が表示されるので、確認したり出力したりできます。

YouTubeDigestを使えば、長時間の動画でも短時間で内容を把握でき、時間の節約につながります。

Voice Control for ChatGPT

Voice Control for ChatGPTは、ChatGPTに音声入力と音声出力の機能を追加するChrome拡張機能です。以下が主な機能です。

Voice Control for ChatGPT

音声入力機能
マイクボタンをクリックするか、スペースキーを押し続けることで音声入力が可能
複数の言語に対応している

音声出力機能
ChatGPTの文字応答を自然な音声で読み上げる
読み上げ音声の言語や速度を調整可能

その他の機能
Mia AIという機能で、ChatGPTを音声対話型の仮想アシスタントとして使用可能
メッセージの再生や、音声コマンドによる操作が可能

使い方

  • Chrome Web Storeから「Voice Control for ChatGPT」をインストール
  • chat.openai.comでChatGPTを開く
  • マイクボタンをクリックするか、スペースキーを押し続けて音声入力を開始
  • マイクへの許可を与える
  • 音声で質問をすると、ChatGPTが音声で応答する

音声入力と出力を組み合わせることで、キーボードを使わずにChatGPTと自然な対話が可能になります。ハンズフリーでの利用に便利な拡張機能です。

ChatGPTの拡張機能のまとめ

  • Chromeの拡張機能としてChatGPTを使うことで、ネットとChatGPTを併用することができます。
  • Chrome拡張機能は、Chrome Web Storeから入手可能
  • 拡張機能の中には、ChatGPTの契約が必須のものもあります。

関連 ChatGPTの使い方