PR

SGEの使い方と設定方法を紹介 Google検索にAI搭載

SGEの使い方

SGE(Search Generative Experience)は、Googleが提供する生成AIを活用した新しい検索体験です。

SGEを使うことで、ユーザーはバッチリ求めた情報を得ることができます。以下では、SGEの使い方やその機能、SEOへの影響について詳しく解説します。

SGEの使い方

SGEの有効化手順

SGEを利用するためには、まず設定を行う必要があります。以下の手順に従って、SGEを有効にしましょう。

  1. Search Labsにアクセス: SGEは現在テスト段階のため、Search Labsに登録する必要があります。Search Labsの公式サイトにアクセスし、Googleアカウントでログインします。
  2. SGEを有効にする: ログイン後、SGEを有効にするオプションを選択します。これで、Google検索結果にSGEの回答が表示されるようになります。

検索の実行

SGEを有効にした後は、通常のGoogle検索と同様に検索を行います。検索結果のトップに生成AIによる回答(スナップショット)が表示されます。この回答には、関連する情報がまとめられており、さらに詳細な情報が必要な場合は追加の質問をすることも可能です。

SGEの機能

SGEの主な機能は以下の通りです。

  • 生成AIによる回答表示: 検索クエリに対する回答をAIが生成し、検索結果のトップに表示します。これにより、ユーザーは迅速に情報を得ることができます。
  • 会話形式の検索: ユーザーは生成された回答に対して追加の質問をすることができ、文脈を引き継いだ会話形式での検索が可能です。

SGEの活用方法

幅広い情報のインプット

SGEは、ユーザーの検索ワードに対して関連する情報を幅広く表示します。例えば、「東京の美味しいお店」と検索すると、生成AIの回答とともにお店の名前や住所、電話番号、メニューの写真などが表示されます。これにより、ユーザーは効率的に情報を収集することができます。

効率的なネットショッピング

SGEはショッピング系クエリに対しても充実した情報を提供します。ユーザーは商品紹介ページを一つ一つ開く必要がなく、検索結果だけで購入の判断や比較検討が可能になります。

生成AIを利用した検索サービス

生成AIを活用した検索サービスは、従来の検索エンジンとは異なり、ユーザーの意図をより深く理解し、より関連性の高い結果を提供することができます。以下に、いくつかの注目すべき生成AIを使った検索サービスを紹介します。

1. Perplexity AI
Perplexity AIは、ユーザーの質問に対して直接的な回答を提供する「答えエンジン」として機能します。大規模言語モデル(LLM)を活用し、複数のソースから情報を収集して回答を生成します。特に、学術論文やYouTube、Redditなどのプラットフォームからの検索が可能で、詳細な回答やフォローアップ質問にも対応します。

関連)Perplexityの使い方

特徴

  • 質問応答: 単純な事実から複雑なクエリまで幅広く対応。
  • トピックの深掘り: Copilot機能を使って、ユーザーが興味を持つトピックを深く探求。
  • データとの対話: ユーザーがファイルについて質問し、ウェブを検索する機能を提供。

2. Bing AI
MicrosoftのBing AIは、GPT-4などの大規模言語モデルを活用して、より包括的で関連性の高い検索結果を提供します。特に、画像生成や多言語対応などの機能が強化されています。

関連)Bing AI Chatの使い方

特徴

  • トーンの選択: クリエイティブ、バランス、精密などのトーンを選択可能。
  • 多言語対応: 英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語などでのチャットが可能。
  • 画像生成: プロンプトに基づいて画像を生成。

3. Andi Search
Andi Searchは、テキストだけでなく画像や要約を提供することで、ユーザーにとって直感的な検索体験を提供します。特に、ChatGPTスタイルの検索体験を提供し、記事の要約やフォローアップ質問にも対応します。

関連)Andi – Search for the next generation

特徴

  • 視覚的な情報提供: テキストだけでなく、画像や要約を提供。
  • 対話型検索: 専門家と話しているかのような検索体験を提供。

4. Komo
Komoは、スピードとプライバシーに重点を置いたAI駆動の検索エンジンです。広告なしで、よりパーソナライズされた検索結果を提供します。

関連)Komo Search – AI Search & Explore

特徴

  • Ask, Explore, Search: トピックのブレインストーミング、コミュニティのトレンド、通常の検索機能を提供。
  • プライバシー重視: 広告なしで、ユーザーのプライバシーを保護。

SGEとは

SGEとは?

SGE(Search Generative Experience)は、Googleが導入した新しい検索機能で、生成AIを活用してユーザーの検索クエリに対する回答を生成し、検索結果のトップに表示するものです。この機能は、従来の検索エンジンとは異なり、ユーザーの質問に対してより具体的で詳細な回答を提供することを目指しています。

SGEの主な機能

  1. AI生成の回答表示: SGEは、検索クエリに対する最適な回答をAIが生成し、検索結果のトップに表示します。これにより、ユーザーは迅速に必要な情報を得ることができます。
  2. 会話形式の検索: SGEは、ユーザーが追加の質問を行うことができる会話形式の検索をサポートしています。これにより、ユーザーは一度の検索で複数の関連情報を得ることができます。
  3. 多角的な情報提供: SGEは、関連する情報を幅広く表示し、ユーザーがより多角的な視点から情報を得ることができるようにします。

SGE対策の具体例

  1. 高品質なコンテンツ作り: ユーザーが検索するワードについて、具体的で分かりやすく、信頼性の高い情報を提供することが重要です。例えば、専門的な知識を持つライターによる記事や、実際の経験談を盛り込んだコンテンツが効果的です。
  2. 会話形式の検索対応: ユーザーが追加の質問を行うことを想定し、FAQ形式のコンテンツや、詳細なガイド記事を作成することが有効です。これにより、ユーザーの疑問に迅速に答えることができます。
  3. 多角的な情報提供: コンテンツは、関連する情報を幅広くカバーすることが求められます。例えば、商品レビューや比較記事、専門家の意見を取り入れることで、ユーザーにとって有益な情報を提供することができます。

SGEのメリットとデメリット

Googleの新しい対話型AI検索機能「SGE(Search Generative Experience)」は、検索体験を大きく変える可能性を秘めています。ここでは、SGEのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

SGEのメリット

1. 素早く精度の高い情報にたどり着ける
SGEの最大のメリットは、短時間で精度の高い情報にアクセスできる点です。従来の検索では、複数のWebサイトを訪問して情報を収集する必要がありましたが、SGEは複数のWebサイトの内容を抽出してまとめてくれるため、検索時間を大幅に削減できます。

2. 出典へ簡単にアクセスできる
SGEが生成する回答には、出典が明記されます。これにより、詳細な情報を確認したい場合でも、どのサイトにどの情報があるのかを簡単に知ることができ、効率的に調べ物ができます。

3. 会話形式での検索が可能
SGEでは、自然な文章で質問を入力するだけで回答が得られます。例えば、「沖縄のオススメのホテルはどこ?」といった質問にも対応できるため、検索スキルが問われることなく、直感的に利用できます。

4. 検索時間の短縮
SGEによって回答が1画面で要約されるため、サイトにアクセスすることなく問題解決ができ、検索時間の短縮につながります。

SGEのデメリット

1. 信頼性や創造性に課題が残る
SGEが生成する回答の信頼性や創造性はまだ高くありません。参照するサイトによっては虚偽の情報が表示されることがあり、導き出された回答が正しいかどうかを確認する必要があります。また、創造的なコンテンツや独自性の高いコンテンツの生成には向いていません。

2. 利用できる言語が限られている
現時点でSGEが対応している言語は限られており、利用できる国もアメリカ、日本、インドの3カ国に限定されています。今後、利用できる国や言語が増えることが期待されますが、現状ではデメリットとなります。

3. Webマーケティングへの影響
SGEの登場により、Webサイトからのトラフィックが減少する可能性があります。特に、インフォメーショナルクエリに対してSGEが発動する場合、ユーザーがSGEの回答で満足してしまい、Webサイトへのアクセスが減少することが懸念されます。

4. 回答が生成されないこともある
SGEは、どのような検索キーワードでも回答を生成してくれるわけではありません。特に、Web上にある情報の質や信頼性が低いクエリや、通常検索で十分なクエリに対しては、SGEによる回答の生成が行われないことがあります。

5. 現時点では使える機能が限定的
SGEはまだ試験運用中であり、機能が限定的です。今後のフィードバックをもとに機能の追加や改善が行われることが期待されますが、現時点ではデメリットとなります。

参考リンク:

SGEが合う用途

SGEは、特定の用途に対して非常に効果的であり、以下のようなシナリオで特に有用です。

1. 幅広い情報のインプット
SGEは、ユーザーが検索ワードに対して関連する情報を幅広く表示する機能を備えています。例えば、「東京の美味しいお店」と検索すると、生成AIが回答を生成し、お店の名前や住所、電話番号、メニューの写真などを表示します。これにより、ユーザーは一目で必要な情報を得ることができます。

2. 効率的なネットショッピング
SGEはショッピング系クエリに対して充実した情報を返します。例えば、特定の商品について検索すると、その商品の特徴や価格、評価などが端的にまとめられ、ユーザーは迅速に商品に関する重要な情報を得ることができます。これにより、ネットショッピングの時間や労力を大幅に削減できます。

3. 複雑な質問への対応
SGEは、複雑な質問や一つの正しい回答が存在しないような状況に対応するのが得意です。例えば、「ニューヨークで交通事故案件が得意で料金も手ごろな弁護士に相談したい」といった長文の質問でも、生成AIが精度の高い回答を提供します。

4. 研究支援
SGEは研究者にとっても有用です。関連する情報源を迅速に特定し、主要な発見を要約し、コンテクストを提供することで、研究プロセスを効率化します。これにより、研究者はより深い分析に集中することができます。

5. パーソナライズされた学習
SGEは、個々の学習スタイルに合わせて要約や説明をカスタマイズすることで、学習体験をパーソナライズします。これにより、学生はより効果的に学習することができます。

6. 創造的なインスピレーション
SGEは、特定の創造的なタスクに関連するプロンプトや提案、例を提供することで、作家やアーティストなどのクリエイティブなプロフェッショナルにインスピレーションを与えます。

7. アクセシビリティの向上
SGEは、障害を持つ個人に対しても情報へのアクセスを改善します。例えば、音声要約や簡易言語での説明を提供することで、情報をより包括的に利用できるようにします。

8. ユニバーサル言語翻訳
SGEは、要約や説明を異なる言語に翻訳する機能を持ち、ユーザーが好む言語で情報にアクセスできるようにします。これにより、言語の壁を越えて情報を利用することが可能になります。

9. 動的なコンテンツ適応
SGEは、ユーザーの位置情報や現在のイベント、個人的な興味に基づいて要約や説明を動的に適応させます。これにより、より関連性の高い情報を提供します。

10. 会話型検索インターフェース
SGEは、検索結果と自然言語での対話を促進し、ユーザーがフォローアップの質問をしたり、明確化を求めたりすることを可能にします。これにより、よりパーソナライズされた検索体験が実現します。

SGEは、これらの用途において特に効果的であり、ユーザーの検索体験を大幅に向上させる可能性があります。今後のSEO対策においても、SGEの特徴を理解し、適切なコンテンツ作りを行うことが重要です。