PR

AIさくらさんの評判 システムの特徴とユーザの口コミ

AIさくらさんの評判

AIさくらさんは、企業向けのチャットボットサービス。AIが問い合わせ対応などを代行します。

AIさくらさん | 対話型AIチャットボット・アバター接客でDX推進

AIさくらさんの評判

AIさくらさんは親しみやすいキャラクターと多機能性が評価されている一方で、費用が高めであることや、AIならではの回答のズレが指摘されています。

良い評判
親しみやすいキャラクターデザインで、ユーザーが話しかけやすい
多言語対応と自動通訳機能があり、外国人観光客にも対応可能
自己学習機能があり、質問を重ねるごとに回答が適切になっていく
業務フローをカスタマイズでき、ニーズに合わせた運用ができる
社内のメンタルヘルス対策としても活用できる
悪い評判・改善点
費用が高めで無料トライアルがないのがマイナス点
AIなので質問とズレた回答が返ってくることがある
外部ページが立ち上がるタイプなので、ポップアップ型の方が良い

AIさくらさんの料金

料金プラン・導入費用 | AIさくらさん | AIチャットボット・アバター接客でDX推進

AIさくらさんは「xxさくらさん」という感じで目的別にサービスが細分化しています。サービスごとに料金がことなります。具体的には、問い合わせや資料請求で料金を確認することになります。

以下はその一例。

初期費用
初期導入費用は30万円または90万円とされています。

月額費用
月額費用は18万円から

具体的な月額料金プランは以下の通り。

  • 5IDまで: 38万円/月
  • 10IDまで: 55万円/月
  • 15IDまで: 76万円/月
  • 無制限ID: 94万円/月

月額料金には、システム利用料、サポート利用料(無制限対応)、バージョンアップ費用、データバックアップ費用が含まれています。

その他
最低契約期間は12ヶ月
無料お試しについては記載がありませんでした。

料金プランは初期費用と月額費用の2本立てで、IDの数によって月額費用が変動する形式となっています。初期費用と月額費用ともに他社サービスと比べると高めの設定ですが、多言語対応やアバター接客など高度な機能が含まれているためと考えられます。

AIさくらさんが炎上?

高輪ゲートウェイ駅で導入されたAI案内キャラクター「AIさくらさん」をめぐり、一部でセクハラ的な発言への対応が物議を醸しました。

関連 高輪ゲートウェイのAI「渋谷さくら」に批判集中 AIの声に潜む性差別とは?(塚越健司)

経緯

高輪ゲートウェイ駅のデジタルサイネージに表示された「AIさくらさん」に対し、一部の利用者から性的な発言がなされました。
「AIさくらさん」はそうした発言を受け流す形となり、ネット上で「セクハラを許容している」と批判が集まりました。

批判の背景

  • AIキャラクターに女性の姿を与えた点に、ジェンダーの視点から疑問の声が上がった。
  • AIが性的な発言を受け流すことで、実際の女性へのセクハラを助長するのではないかとの懸念があった。

対策と課題

  • AIベンダー側は、今後の改善に向けて検討を重ねているとしている。
  • AIによる炎上対策には、不適切な発言の防止と、拡散の抑制という2つの側面がある。
  • AIの発言内容を適切に制御しつつ、過剰な規制にならないよう注意が必要である。

これは微妙な問題かも知れませんね。

AIが性的発言を受け流したから、AIがセクハラを許容している、という論調。これは、普通にセクラは発言した人が悪いということでいいと思うんですが、ハッキリした正解が出なさそうに思えます。

セクハラする人は居なくならなさそうだし、それだったらコールセンターの女性がセクハラされるよりは、AIに代わりに相手してもらってセクハラを受け流してもらう方がマシだと思うんですよね。

でも、おそらくどんな対応をしても、サービス自体をやめろ!っていう批判は起こると予想します。

AIさくらさんのまとめ

  • AIさくらさんは、企業向けのAIチャットボットサービス
  • 多言語対応+自動通訳で、外国人向けにも対応可能
  • 初期費用+月額という料金体系で、従量課金はなし