PR

Amazonの生成AI 自社開発モデルやAI投資先

Amazonの生成AI

AmazonはAI関連の開発を進めているんでしょうか?

Amazonは生成AIの分野で、Amazon BedrockとAmazon Qというサービスを提供しています。

Amazon Bedrock
Amazon Bedrockは、生成AIアプリケーションを簡単に構築・スケールできるサービスです。AI21 Labs、Anthropic、Cohere、Meta、Mistral AI、Stability AI、Amazonなどが提供する幅広い基盤モデル(Foundation Model; FM)を活用でき、必要な機能やセキュリティと合わせて提供されます。

主な特徴は以下の通りです。

  • お客様自身のフルマネージドモデルをAmazon Bedrock上で稼働可能
  • APIを介して基盤モデルを活用してアプリケーション構築が可能
  • テキスト生成、要約、検索、バーチャルアシスタント、画像生成など幅広い用途に対応
  • ヘイトスピーチ、個人情報、機密情報などのフィルタリング機能を提供

Amazon Q
Amazon Qは、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタントです。AWS上で構築され、BI、コンタクトセンター、サプライチェーン管理用などのAWSアプリケーションと連携し、会話型インターフェースを通じて最適な回答を提供します。

Amazon自身が開発しているAIモデルはないの?

Amazonは自社開発のAIモデルも提供しています。

主なものとして、以下の2つがあります

Amazon Titan

要約やテキスト生成に特化したモデルと、質問応答に特化したモデルの2種類を提供予定。現在はプレビュー版を数社の顧客企業と試験中で、今後数ヶ月以内に広く提供される見込みです。

Amazon CodeWhisperer

コーディング支援に特化したモデルで、Python、Java、JavaScriptなど10言語以上に対応しています。統合開発環境(IDE)の拡張機能として利用可能で、定型的なコードの自動生成により開発者の生産性向上に寄与します。

ただし、AmazonのAI戦略としては、AGI(汎用人工知能)モデルの開発は目指しておらず、Amazon Bedrockのようにパートナー企業の強力なモデルもAPIで提供することで、顧客企業のニーズに合わせた使いやすいサービスの提供を重視しているようです。

AmazonはAnthropicに投資をしている?

AmazonはAI企業のAnthropicに大規模な投資を行っています。

  • AmazonはAnthropicに追加で27億5000万ドル(約4200億円)の投資を行い、総額で40億ドル(約6000億円)の投資が確定した。これはAmazonにとって最大のベンチャー投資とされる。
  • AnthropicはOpenAIと競合するAIスタートアップで、ChatGPTのようなチャットAI「Claude」を開発している。
  • 最新のClaude 3モデルはOpenAIのGPT-4よりも一部の指標で高い性能を示している。
  • AmazonはAnthropicへの投資で最先端のAI技術を活用し、自社のAIサービスを強化することを狙っている。

関連 Amazon、生成 AI の Anthropic にさらに27億5,000万ドル(約4,150億円)出資ーー同社史上「最大規模」 – BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報

AmazonはAI分野で急成長中のAnthropicに戦略的に巨額の投資を行い、自社のAIビジネスの発展を目指しています。AmazonとAnthropicの提携は、AI業界の競争を加速させる大きな出来事と言えるでしょう。

関連 Claude3の使い方

AmazonのAI戦略まとめ

  • Amazonは自社で汎用AI開発は積極的に行っていない。
  • 他社の優秀なAIをAWSに組み込むサービスを提供する、という立場に徹している模様。
  • Claude 3のAnthropicに巨額の投資をおこなっている