PR

ChatGPTのブラウジング機能 最新のWebデータが利用可能

ChatGPTのブラウジング機能

ChatGPTには、ウェブブラウジング機能が搭載されています。この機能を使うと、ChatGPTがインターネット上の情報にアクセスして、最新の出来事やデータに基づいた回答を提供できるようになります。

ウェブブラウジング機能を有効にするには、以下の手順を踏む必要があります。

  • ChatGPT Plusに加入する
  • 設定から「ベータ機能」を開き、「ウェブブラウジング」をオンにする
  • 新しいチャットを開始し、モデルセレクターから「GPT-4」を選んだ上で、「ブラウジング」オプションを選択する

これでChatGPTがBingの検索エンジンを使って、ウェブ上の関連情報を参照しながら、あなたの質問に回答できるようになります。

ただし、この機能にも制限があります。

ChatGPTはウェブページの全文をコピーすることはできず、100語程度の要約しか提示できません
一部のウェブサイトはChatGPTのクロールをブロックしているため、そのサイトの情報は参照できません
検索結果の信頼性は完全ではなく、ChatGPTが間違った情報を提示する可能性もあります

そのため、ウェブブラウジング機能は便利ですが、常に情報の正確性を確認する必要があります。また、この機能はChatGPT Plusの有料ユーザーのみが利用できる点にも注意が必要です。

ChatGPTのWebブラウジング機能が使えない理由は?

2023年5月頃、ChatGPTのWebブラウジング機能「Browse with Bing」が一時的に無効化された主な理由は、以下の2点です。

ユーザーが特定のURLの全文を要求した場合、その要求が意図せず満たされてしまう可能性があった。

具体的には、有料記事などのペイウォールで守られているコンテンツの全文が、サブスクリプションなしで表示されてしまう恐れがあったということです。 これはコンテンツ所有者の権利を侵害する可能性があります。

一部のウェブサイトのコンテンツを適切に読み込めない場合があった。

JavaScriptなどで動的にコンテンツをレンダリングするウェブサイトでは、コンテンツが完全に読み込まれる前にエラーになる可能性がありました。

OpenAIはこれらの問題を修正し、コンテンツ所有者の権利を尊重するため、一時的にWebブラウジング機能を無効化しました。 問題が解決次第、機能を復旧させる予定とのことです。

この一時停止により、ChatGPTの回答は2021年9月までの学習データに基づくものに戻ってしまいましたが、最新情報へのアクセスを改善するための対策が行われています。

なお、2023年9月には、Webブラウジング機能は復活しています。

関連 ChatGPT、Webブラウジング機能を一時無効に – PC Watch

ChatGPTのブラウジング機能のメリット、デメリット

ブラウジング機能はChatGPTの機能を大幅に向上させる一方で、新たな課題や懸念も生じています。これらの問題に適切に対処しながら、ブラウジング機能を有効活用することが重要です。

メリット

最新情報へのアクセス
回答の正確性と網羅性の向上
多様な情報源の活用
リアルタイムの情報更新

最新情報へのアクセス
ブラウジング機能を使えば、ChatGPTは2021年9月以降の最新情報にもアクセスできるようになります。これにより、時事的な出来事や最新の研究成果などについても、より正確で新しい情報に基づいた回答を生成できます。

回答の正確性と網羅性の向上
ウェブ上の情報を参照することで、ChatGPTの回答がより正確で詳細になります。複数のウェブサイトから関連情報を収集し、包括的な回答を生成できます。

多様な情報源の活用
一般的なウェブサイトに加えて、専門的な論文やデータベースなどの情報源も活用できるようになります。これにより、特定の分野に関する高度な質問にも適切に対応できるようになります。

リアルタイムの情報更新
ウェブ上の情報は常に更新されているため、ChatGPTの知識もリアルタイムで最新の状態を維持できます。これは特に、ニュースや天気予報などの時事的な情報を扱う際に有用です。

デメリット

信頼性の問題
著作権の問題
プライバシーとセキュリティの懸念
パフォーマンスの問題
情報の偏り

信頼性の問題
ウェブ上には正確でない情報も多数存在するため、ChatGPTの回答の信頼性が低下する可能性があります。情報源の信頼性を適切に評価する仕組みが必要不可欠です。

著作権の問題
ウェブサイトの情報を無断で利用することは著作権の侵害に当たる可能性があります。適切なライセンスの下で情報を利用する必要があります。

プライバシーとセキュリティの懸念
ウェブブラウジングにより、ChatGPTがユーザーのプライバシーを侵害したり、セキュリティ上の脆弱性を引き起こす可能性があります。プライバシーとセキュリティを確保するための対策が必須です。

パフォーマンスの問題
ウェブブラウジングにはネットワーク接続と情報処理のオーバーヘッドがかかるため、ChatGPTの応答速度が低下する可能性があります。

情報の偏り
検索エンジンのアルゴリズムによっては、特定の情報源が過度に優先される可能性があり、回答に偏りが生じる恐れがあります。

Bing AIとChatGPTのブラウジング機能の違い

機能 Bing AI ChatGPT
検索エンジン Bing検索エンジンと連携 Bingの検索APIを利用
最新情報の取得 常に最新の情報を取得可能 Webブラウジング機能で
最新情報を取得可能。
回答の根拠表示 回答の根拠となるWebサイトを表示 回答の根拠となるWebサイトを表示
利用料金 無料で利用可能 有料のChatGPT Plusプランが必要
対話回数制限 1日300回まで 制限なし
画像生成 画像生成機能あり 画像生成機能なし
言語対応 複数言語対応 複数言語対応

ChatGPTのWebブラウジング機能

  • ChatGPTのWebブラウジング機能は、ネット検索を併用して最新の情報を取り込みつつテキスト生成する機能。
  • ただし、ネット検索をおこなう分、回答に時間がかかる。
  • 参照したネット上の情報が誤っている可能性もあり、情報の正確性を人間がチェックする必要がある。

関連 ChatGPTの使い方