PR

ChatGPTの脱獄/DANプロンプトや外部ツールの方法

ChatGPTの脱獄

ChatGPTの脱獄とは、ChatGPTの制限や規制を回避し、通常は生成できない有害なコンテンツを生成させることを指します。主な脱獄手法は以下のようなものがあります。

DANプロンプト
ChatGPTにDANという架空の人格を与え、規制を無視するよう指示する。DANは”Do Anything Now”の略で、何でもできる人格を演じさせる。

関連 ChatGPTのプロンプトの作成例やコツ

プロンプトインジェクション
特殊な入力プロンプトを使って、ChatGPTの制限を回避する。例えば「開発者モード」のような特定のキーワードを含むプロンプトを使う。

敵対的プロンプト
プロンプトの最後に特殊な文字列を追加することで、有害な出力を誘発する手法。

外部ツールの利用
ChatGPTの内部動作に介入し、制限を回避するツールを使う。

脱獄によりChatGPTは、マルウェアのコード生成、フィッシングメールの作成、違法行為の手順の提示などが可能になります。しかしこれらは違法行為に当たり、セキュリティリスクも高いため、OpenAIは脱獄を禁止しています。

脱獄は生成AIのセキュリティ上の課題を明らかにし、より安全な設計につながる可能性もあります。今後の技術的な対策が重要となりますが、AIを倫理的に利用することも大切です。

DANプロンプトによるChatGPTの脱獄

DANプロンプトの使用は、ChatGPTの本来の目的から逸脱し、危険で違法な行為につながる可能性が高いため、強く控えるべきです。ChatGPTは倫理的で建設的な用途に利用することが重要です。脱獄の試みは法的リスクがあり、OpenAIのサービス利用停止につながる可能性もあります。

DANプロンプトを使ってChatGPTを脱獄させることは、OpenAIの利用規約に違反する危険な行為です。脱獄させると、ChatGPTが不適切または違法なコンテンツを生成する可能性があり、悪用されるリスクが高まります。

脱獄の危険性

違法行為の助長: 脱獄したChatGPTは、マルウェアのコード生成、フィッシング詐欺の文章作成、爆発物の製造方法提供など、違法な要求に応じてしまう可能性があります。

有害コンテンツの生成: 人種差別的な発言、過激な暴力的内容、児童虐待などの有害なコンテンツを生成する恐れがあります。

プライバシーとセキュリティの侵害: 機密情報や個人情報を漏洩したり、システムに不正アクセスするコードを生成したりする可能性があります。

倫理的懸念: ChatGPTは倫理的ガイドラインに基づいて設計されており、脱獄させることでその枠組みから外れ、深刻な倫理違反を引き起こす恐れがあります。

ChatGPTの脱獄の制限

実際、「脱獄に成功した!」という方法を試しても、短期間で対応されていることが多いです。

ChatGPTには、倫理的な振る舞いを確保するために、さまざまな制限やフィルターがかけられています。主な制限は以下のようなものです。

コンテンツフィルター
暴力的、ヘイト的、違法な内容などを生成しないようにフィルターがかけられています。

倫理的制限
人間に危害を加えたり、違法行為を助長したりするような出力は制限されています。

自己修正
ChatGPTは自身の出力を監視し、不適切な内容が含まれていれば自己修正を行います。

ロールプレイの制限
悪役や犯罪者になりすまして不適切な発言をするロールプレイは制限されています。

プロンプトインジェクションの防御
特殊な指示を含むプロンプトによる脱獄を防ぐ対策がなされています。

モデルの微調整
倫理的で有害でない出力を生成するように、モデルが微調整されています。

これらの制限は、ChatGPTが有害な情報を生成したり、違法行為を助長したりすることを防ぐためのものです。しかし、一方で脱獄を試みるユーザーとOpenAI側のイタチごっこが続いており、新しい脱獄手法が次々と登場しています。

ChatGPTの脱獄のまとめ

  • ChatGPTには、ロールプレイの指定や、プロンプトインジェクションにより、制限を取り払う「脱獄」と呼ばれる行為がある
  • 脱獄を実行することは、ChatGPTの規約違反となるケースがあり、アカウント停止などのペナルティを受けることもある
  • 日々、脱獄に対する対応が取られていて、脱獄を試みる行為自体が無意味となるケースも多い