PR

ChatGPTのNEWCHATに勝手に質問が入力されることある?

ChatGPTのNEWCHAT

NEWCHATに勝手に質問が入力されることある?

けっこう気になる「検索した内容を使って勝手にAIに回答が作られている!?」

今日ChatGPTを開いてTODAYの欄にNEWCHATがあり、僕が今日閲覧… – Yahoo!知恵袋

どういうことなんでしょうか。

まず、大前提。

ChatGPTは、利用履歴を「NEW CHAT」として自動的に残します。作成した覚えがなくても、勝手に作ります。

質問者が単にこのことを知らなかった…という以外に、いくつかの可能性を考えていきます。

1. アカウントのハッキング
一部のユーザーは、アカウントがハッキングされている可能性を指摘しています。例えば、ChatGPT Plusのユーザーが、自分が入力していない質問が複数の言語で表示されるという問題を報告しています。この場合、アカウントのパスワードを変更しても問題が解決しないことがあるため、他のセッションが終了するのを待つ必要があります。

2. データベースの問題
OpenAIの会話サーバーにデータベースの破損がある可能性も考えられます。この場合、過去の会話が再び表示されることがあります。ユーザーはOpenAIに連絡して問題を報告することが推奨されています。

3. バグの存在
Redditの投稿によると、ChatGPTがユーザーの入力ではなく「提案されたプロンプト」を誤って送信するバグが存在することが確認されています。このバグにより、ユーザーが入力した質問とは異なる質問が送信されることがあります。

4. セキュリティ対策の不足
一部のユーザーは、二要素認証(2FA)が以前は有効だったが、現在はオプションがなくなっていると報告しています。これにより、アカウントのセキュリティが低下し、不正アクセスのリスクが高まる可能性があります。

普通に考えると、ハッキングかバグか…という感じです。

気になるのは、このユーザはchromeのアプリを使ってたという点。

実はそのアプリが、内部的にユーザのChatGPTアカウントを使って回答を生成していた…ということなら、履歴に回答が残っている可能性は考えられます。

しかし、調べてみるとユーザが使っていたという、Glarityというアプリは、ChatGPTアカウントが不要なんですよね。

今のところ、似たようなケースが起こっていることも聞かないので、よほどのレアケースか勘違い…と考えて良いと思います。

勝手に保存されたNEWCHATを削除する方法

ChatGPTで自動保存されている会話を削除する方法について、以下の手順を参考にしてください。PCとスマートフォンの両方での方法を詳しく解説します。

PCでの会話履歴削除方法

一括削除

  1. ChatGPTにログイン:まず、ChatGPTにログインします。
  2. 設定メニューを開く:画面左下の「Settings」をクリックします。
  3. 全履歴をクリア:次に「General」タブを選択し、「Clear all chats」をクリックします。
  4. 確認:表示される「Confirm deletion」ボタンをクリックして、全ての会話履歴を削除します。

個別削除

  1. 会話を選択:削除したい会話を左側のチャット一覧から選びます。
  2. ごみ箱アイコンをクリック:選択した会話の隣にあるごみ箱アイコンをクリックします。
  3. 確認:表示されるチェックマークをクリックして削除を確定します。キャンセルしたい場合はバツアイコンをクリックします。

スマートフォンでの会話履歴削除方法

一括削除

  1. アプリを開く:ChatGPTアプリを開きます。
  2. 設定メニューを開く:左上のメニューボタン(≡)をタップします。
  3. データコントロール:表示されるメニューから「Data Controls」を選択します。
  4. 全履歴をクリア:次に「Clear Chat History」をタップし、画面下部に表示される「Confirm」をタップして全ての会話履歴を削除します。

個別削除

  1. 会話を選択:削除したい会話を選びます。
  2. ごみ箱アイコンをタップ:選択した会話の隣にあるごみ箱アイコンをタップします。
  3. 確認:表示されるチェックマークをタップして削除を確定します。キャンセルしたい場合はバツアイコンをタップします。

注意点

  • 復元不可:一度削除した会話履歴は復元できませんので、削除する際は慎重に行ってください。
  • プライバシー保護:定期的に会話履歴を削除することで、プライバシーを保護することができます。

NEWCHATとは?

ChatGPTの「New Chat」機能は、ユーザーが新しいチャットセッションを開始するための便利なツールです。

関連)ChatGPTの使い方

この機能を使うことで、以前の会話の履歴をリセットし、新しいトピックや質問に集中することができます。以下に、ChatGPTの「New Chat」機能の使い方とその利点について詳しく説明します。

「New Chat」機能の使い方

新しいチャットの開始

  • ChatGPTのインターフェースの左側にある「New Chat」ボタンをクリックします。これにより、新しいチャットセッションが開始されます。

質問の入力

  • 新しいチャットセッションが開始されたら、画面下部の入力欄に質問やトピックを入力します。例えば、「ChatGPTの得意なことは何ですか?」と入力すると、ChatGPTがその質問に対して回答を生成します。

会話のリセット

  • 以前の会話の履歴をリセットしたい場合は、「New Chat」ボタンをクリックすることで、前の会話の影響を受けずに新しい質問を開始できます。

「New Chat」機能の利点

会話の整理

  • 「New Chat」機能を使うことで、異なるトピックやプロジェクトごとに会話を整理することができます。これにより、特定のトピックに集中しやすくなります。

履歴のリセット

  • 新しいチャットを開始することで、以前の会話の履歴をリセットし、過去のコンテキストに影響されずに新しい質問を行うことができます。これにより、より正確な回答を得ることができます。

効率的な対話

  • 新しいチャットセッションを開始することで、特定のトピックに関する質問を連続して行うことができ、効率的な対話が可能になります。

実際の使用例

例えば、マーケティングのプロジェクトで新しいキャンペーンのアイデアを考える際に、「New Chat」機能を使って以下のように質問を整理することができます。

新しいキャンペーンのアイデア

  • 「新しいマーケティングキャンペーンのアイデアを教えてください」と質問します。
  • ChatGPTがいくつかのアイデアを提案します。

詳細な質問

  • 「そのキャンペーンのターゲットオーディエンスは誰ですか?」と続けて質問します。
  • ChatGPTがターゲットオーディエンスについての詳細を提供します。

新しいトピックへの移行

  • 新しいキャンペーンのアイデアについての会話が終了したら、「New Chat」ボタンをクリックして、新しいトピックに関する質問を開始します。

このように、「New Chat」機能を活用することで、異なるトピックやプロジェクトごとに会話を整理し、効率的に情報を収集することができます。

まとめ

ChatGPTの「New Chat」機能は、ユーザーが新しいチャットセッションを開始し、以前の会話の履歴をリセットするための便利なツールです。この機能を使うことで、異なるトピックに集中しやすくなり、効率的な対話が可能になります。マーケティングのプロジェクトやその他の業務でこの機能を活用することで、より効果的に情報を収集し、アイデアを整理することができます。

関連)ChatGPT — Release Notes – OpenAI Help Center