PR

ChatGPTのプラグインのおすすめ 導入方法と設定

ChatGPTのプラグインのおすすめ

ChatGPTのプラグインは、ChatGPTの機能を拡張し、さまざまなタスクを効率的に行うための強力なツールです。以下に、特におすすめのプラグインをいくつか紹介します。

Zapier
用途: タスクの自動化
特徴: Zapierプラグインは、Slack、Google Sheets、Gmail、Microsoft Excelなど、5000以上のアプリと連携し、タスクを自動化することができます。これにより、複数のアプリ間での作業を効率化し、時間を節約できます。

関連) ChatGPTプラグイン「zapier」の活用事例と具体的な使い方を徹底解説!|Ainova

WebPilot
用途: ウェブページとのインタラクション
特徴: WebPilotは、ウェブページと自然な対話を行うためのオープンソースプラグインです。URLを入力することで、ページの内容を再構成したり、翻訳したりすることができます。

関連)WebPilot

Code Interpreter
用途: コードの実行とデータ分析
特徴: Code Interpreterは、ChatGPT内でPythonコードを実行し、データの分析やグラフの作成を行うことができるプラグインです。データ分析やプログラミングのタスクを効率化するために非常に有用です。

Link Reader
用途: リンクの読み取り
特徴: Link Readerは、PDF、PPT、Wordドキュメントなど、さまざまなリンクを読み取ることができるプラグインです。これにより、外部のドキュメントやウェブページの内容を直接ChatGPTで利用することができます。

Kayak
用途: 旅行の計画と予約
特徴: Kayakプラグインは、フライト、ホテル、レンタカーの予約を効率的に行うためのツールです。旅行の計画を簡単にし、時間を節約することができます。

SEO.app
用途: SEO対策
特徴: SEO.appは、SEOに関する作業を自動化し、ブログ記事の作成やキーワードの提案を行います。SEOスコアの改善に役立つ具体的なアドバイスを提供します。

Prompt Perfect
用途: プロンプトの最適化
特徴: Prompt Perfectは、ユーザーの質問(プロンプト)を再構成し、より具体的で洞察に富んだ回答を得るためのプラグインです。プロンプトの質を向上させることで、より正確な回答を引き出すことができます。

フワッとした回答しか返ってこないときに、プロンプトの最後に「perpfect」と入れると、回答が具体的になる…というもの。「気持ち程度具体化する」ぐらいの効果あり。日本語だと効果薄い?

関連 「Prompt Perfect」ChatGPTプロンプトを改善するプラグインを紹介!

 

ChatGPTのプラグインストアでのプラグイン検索方法

ChatGPTのプラグインストアでプラグインを検索する方法について説明します。

プラグインストアでの検索方法

カテゴリで検索
プラグインストアには、さまざまなカテゴリが用意されています。ユーザーは自分のニーズに合ったカテゴリを選択することで、関連するプラグインを簡単に見つけることができます。

キーワード検索
特定の機能や目的に合ったプラグインを探す場合、キーワードを入力して検索することができます。これにより、必要なプラグインを迅速に見つけることができます。

有料/無料の選択
プラグインストアでは、有料プラグインと無料プラグインを区別して検索することができます。これにより、予算に応じたプラグインを選ぶことができます。

詳細情報の確認
プラグインの詳細情報を確認するために、プラグインの画像や「詳細」ボタンをクリックすると、モーダルウィンドウで詳細な情報が表示されます。これにより、プラグインの機能や互換性を確認することができます。

インストール手順
プラグインをインストールするには、プラグインストアで「入手する」や「購入する」ボタンをクリックします。必要に応じて、メンバー登録や購入手続きが必要な場合もあります。

  1. ChatGPTコンソールを開き、「Settings & Beta」を選択します。
  2. 「Beta Features」セクションで「Plugins」をオンにします。
  3. GPT-4アイコンを選択し、「Plugin Store」に移動します。
  4. 必要なプラグインを検索し、インストールします。

ChatGPTのプラグインのインストール手順

ChatGPTのプラグインをインストールするためには、以下の手順に従ってください。

ChatGPT Plusに加入する
ChatGPTプラグインを利用するためには、まずChatGPT Plus(有料プラン)に加入する必要があります。ChatGPT Plusは月額20ドルで利用でき、プラグインの利用やGPT-4のアクセスなどの特典があります。

プラグイン機能の有効化
ChatGPTの画面左下に表示されているユーザー名をクリックします。
表示されるメニューから「Settings」を選択します。
「Settings」画面で「Beta features」を選択し、「Plugins」のトグルボタンをクリックして有効にします。トグルボタンが緑色になれば、プラグインが有効化されている状態です。

プラグインのインストール
プラグイン機能を有効化した後、チャット画面で「GPT-4」を選択し、「Plugins」をクリックします。
「No plugins enabled」をクリックし、「Plugin store」を選択します。
Plugin storeが表示されるので、利用したいプラグインを探し、「Install」をクリックします。

プラグインの利用
インストールしたプラグインは、チャット画面にチェックマークがついて表示されます。これが有効になっているプラグインを示します。プラグインを利用する際は、チャット画面で特定の入力を行うことでプラグインの機能を利用できます。

ChatGPTの動画生成プラグインの効果的な利用法

ChatGPTの動画生成プラグインは、テキストから動画を生成するための強力なツールです。以下に、いくつかの主要なプラグインとその効果的な利用法を紹介します。

HeyGen ChatGPTプラグイン
HeyGenのChatGPTプラグインは、AIアバター動画を生成するためのツールです。このプラグインを使用することで、以下のようなステップで動画を作成できます。

インストールと有効化: まず、HeyGenプラグインをインストールし、有効化します。
動画の生成依頼: プラグインが有効化されたら、ChatGPTに動画の生成を依頼します。トランスクリプトがある場合は提供し、ない場合はChatGPTに生成を依頼します。
カスタマイズ: 動画のタイトル、アバターの性別、アバターの肌の色などをカスタマイズできます。
生成と視聴: 動画が生成されるのを待ち、リンクをクリックして視聴します。

CapCutプラグイン
CapCutプラグインは、テキストから動画を生成するためのもう一つのツールです。以下の手順で使用します。

プラグインの有効化: ChatGPT Plusのサブスクリプションが必要です。設定からプラグインを有効化します。
動画生成の依頼: ChatGPTに特定のテキストを基に動画を生成するよう依頼します。例えば、ブログ記事の要約を20秒の動画にするよう依頼できます。
視聴と編集: 生成されたリンクをクリックして動画を視聴し、必要に応じて編集します。

Idomooプラグイン
Idomooのプラグインは、リアルタイムでAI動画を生成するためのツールです。このプラグインを使用することで、以下のようなステップで動画を作成できます。

プラグインの有効化: ChatGPT Plusのサブスクリプションが必要です。設定からプラグインを有効化します。
動画生成の依頼: ChatGPTに動画の内容を指示し、Idomooのプラットフォームを通じて動画を生成します。
視聴と選択: 複数の動画オプションが提供されるので、最適なものを選択します。

Video Insightsプラグイン
Video Insightsプラグインは、YouTubeやDailymotionなどのオンラインビデオプラットフォームと連携し、ビデオのトランスクリプトや要約を取得するためのツールです。

プラグインの有効化: ChatGPT Plusのサブスクリプションが必要です。設定からプラグインを有効化します。
ビデオデータの取得: ビデオのトランスクリプト、ビュー数、ライク数、タグなどのデータを取得し、それを基に要約を生成します。

ChatGPTの動画生成プラグインは、さまざまな用途に応じて効果的に利用できます。プラグインのインストールと有効化、カスタマイズオプションの利用、生成された動画の視聴と編集など、各プラグインの特性を理解し、目的に応じて最適なプラグインを選択することが重要です。

ChatGPTのSEO向上に活用できるプラグイン

ChatGPTのSEO向上に活用できるプラグインには、以下のようなものがあります。

SEO Assistant
SEO Assistantは、キーワードリサーチとコンテンツ最適化に特化したプラグインです。主要なトピックを設定し、キーワードを入力すると、関連するキーワードのリストを生成してくれます。

Speedy Marketing
Speedy Marketingは、ブログ投稿やウェブサイトのコンテンツ作成を支援するプラグインです。特にShopifyストアやeコマースサイトに適しています。URLを提供することで、SEOに最適化されたコンテンツを生成します。

SEO
このプラグインは、ウェブページのオンページSEO分析を行います。URLとキーワードを入力することで、ページの最適化を支援します。また、競合ページの分析も可能です。

AI Engine
AI Engineは、コンテンツ生成やカスタマーサポートに役立つ多機能なプラグインです。ブログ投稿やメタディスクリプションの生成、リアルタイムのカスタマーサポートを提供します。

ContentBot AI Writer
ContentBot AI Writerは、さまざまなコンテンツを生成するAIアシスタントです。ブログ投稿、製品説明、メタディスクリプションなどを生成し、SEOに最適化されたコンテンツを提供します。

SEO.app
SEO.appは、ウェブサイトのSEO分析を行うプラグインです。URLを入力するだけで、そのサイトのSEOスコアを評価し、改善点を提案してくれます。

SEO CORE AI
SEO CORE AIは、特定のURLのSEOパフォーマンスを評価し、改善案を提供するプラグインです。ページタイトル、メタディスクリプション、コンテンツ、画像、リンク、ページ速度などを分析します。

これらのプラグインを活用することで、ChatGPTを使ったSEO対策がより効果的に行えるようになります。

ChatGPTの画像生成プラグインのおすすめ

DALL-E 3
概要: OpenAIが開発した画像生成AIで、ChatGPTの有料版(ChatGPT Plus、Team、Enterprise)で利用可能です。プロンプトへの理解力が高く、生成画像の部分的な編集も可能です。
特徴: 高品質な画像生成、部分的な画像編集、不適切なコンテンツの生成防止。
利用方法: ChatGPTのチャットルームやAPIから利用可能。

Midjourney
概要: Discordのチャット画面を通じて画像を生成するAIツール。写真のようなリアルな画像生成に強いです。
特徴: 高品質な画像生成、リアルな写真風の画像生成。
利用方法: Discordのチャット画面から利用可能。

Stable Diffusion
概要: Webサービスやローカル環境で利用できる画像生成AI。多様なスタイルの画像生成が可能です。
特徴: 無料で利用可能、リアルタイムでの画像修正、広範なスタイル対応。
利用方法: Webサービスやローカル環境で利用可能。

Canva
概要: デザインツールCanvaの一部として利用できる画像生成AI。生成した画像をそのままデザインに反映できます。
特徴: 使いやすいインターフェース、デザインツールとの連携。
利用方法: CanvaのWebサービスから利用可能。

ChatGPTのPDF変換プラグインの使い勝手をチェック

ChatGPTのPDF変換プラグインは、PDFファイルの読み取り、要約、情報抽出などを行うための便利なツールが揃っています。

ChatWithPDF
特徴:
PDFファイルを読み取り、情報を分析、理解、抽出することができます。
ChatGPTと連携してPDFファイルと対話することが可能です。

短所:
ChatGPTのメンバーシップが必要です。
データの編集やダウンロードはできません。
一部のPDF形式の読み込みに問題があることがあります。
アップロードしたデータは60分後に自動的に削除されます。

AskYourPDF
特徴:
PDFから情報を抽出し、自然言語での要約や事実確認が可能です。
ユーザーフレンドリーなインターフェースを持っています。

短所:
無料プランでは機能が制限されています。
プロバージョンは有料です。

ChatGPT File Uploader Extended
特徴:
PDF、Google Sheets、ZIPファイル、HTMLファイルなどをアップロードして表示・操作できます。
画像テキストの読み取りと分析が可能です。

短所:
データの編集や注釈付けはできません。
他の言語への翻訳オプションがありません。
無料で使用できますが、ChatGPTバージョン4(有料)でのみ動作します。

AiPDF
特徴:
PDFから複雑なデータを抽出し、科学的、法的、財務的な文書に適しています。
ページ参照を行いながら要約や質問に回答します。

短所:
無料プランでは機能が制限されています。
プロバージョンは有料です。

ChatGPTのプラグインのセキュリティ

ChatGPTのプラグインは、その機能拡張の一方で、セキュリティリスクも伴います。ユーザーと開発者は、これらのリスクを理解し、適切な対策を講じることで、安全にプラグインを活用することができます。特に、データの匿名化、厳格なアクセス制御、プラグインの検証と監査、ユーザー確認フローの導入、定期的な更新が重要です。

データ漏洩のリスク
プラグインが外部サービスと連携する際、ユーザーのデータが第三者に送信される可能性があります。これにより、機密情報が漏洩するリスクが高まります。

OAuth認証の脆弱性
Salt Securityの研究によると、OAuth認証の実装に問題があり、攻撃者が悪意のあるプラグインをインストールし、ユーザーのアカウントにアクセスする可能性があります。

プラグインの信頼性
プラグインの開発者やその運用方法が不透明な場合、プラグインが悪意のあるコードを含む可能性があります。これにより、システム全体の信頼性が損なわれるリスクがあります。

クロスプラグインリクエストフォージェリ
プラグイン間でのデータのやり取りが不適切に行われると、攻撃者が一つのプラグインを通じて他のプラグインに不正なリクエストを送信し、データを盗むことが可能です。

セキュリティ対策としては、以下のようなものがあります。

データの匿名化と仮名化
Protectoのプラグインは、データの匿名化と仮名化技術を使用して、ユーザーの個人情報を保護します。これにより、データが外部に送信されても、個人を特定することが難しくなります。

厳格なアクセス制御
プラグインの使用に際して、ロールベースのアクセス制御(RBAC)を導入することで、特定のユーザーのみが特定のデータにアクセスできるようにすることが推奨されます。

プラグインの検証と監査
OpenAIは、プラグインをストアに追加する前に検証を行い、セキュリティリスクを最小限に抑えるための措置を講じています。また、ユーザーは信頼できるソースからのみプラグインをインストールすることが重要です。

ユーザー確認フローの導入
重要なアクションを実行する前に、ユーザーに確認を求めるフローを導入することで、不正な操作を防ぐことができます。

プラグインの定期的な更新
プラグインの開発者は、セキュリティパッチやアップデートを定期的に提供し、既知の脆弱性を迅速に修正することが求められます。

ChatGPTプラグインの入れ方

ChatGPTプラグインを導入する手順は以下の通りです。

ChatGPT Plusに加入する
プラグインを利用するには、有料の ChatGPT Plus に加入する必要があります。無料版のChatGPTではプラグインは利用できません。

プラグイン機能を有効化する
ChatGPTにログインし、左下の設定アイコン(・・・)をクリックします。「Settings & Beta」を選択し、「Beta features」内にある「Plugins」のトグルボタンをオンにします。

プラグインストアからプラグインをインストールする
新規チャット画面の左上にある「Plugins」を選択します。初期状態では「No plugins enabled」と表示されるので、これをクリックします。次に「Plugin store」をクリックし、インストールしたいプラグインを検索して「Install」ボタンをクリックします。

プラグインを有効化する
インストールしたプラグインは自動的に有効化されます。有効化されたプラグインにはチェックマークが付きます。最大3つのプラグインを同時に有効化できます。

プラグインを使用する
プラグインによっては入力プロンプトで明示的に呼び出す必要がある場合があります。例えば「WebPilotプラグインを使って、このURLの内容を要約してください」などと指示します。

プラグインのインストールと有効化が完了したら、ChatGPTの機能が拡張され、さまざまな新しい機能が利用できるようになります。プラグインの種類や使い方の詳細については、各プラグインのドキュメントを参照してください。

ChatGPTプラグインの作り方

ChatGPTプラグインの作成手順は以下の通りです。

APIの実装
プラグイン用のAPIを実装します。公式ではPythonのFlaskフレームワークを使った例が紹介されています。
APIはOpenAPI仕様に従う必要があります。

関連 ChatGPT plugins | OpenAI

マニフェストファイルの作成
プラグインのメタデータを記述するJSONファイルです。
プラグイン名、説明、認証方式、APIのURL、ロゴURLなどを指定します。

OpenAPIドキュメントの作成
APIの詳細な仕様を記述するYAMLまたはJSONファイルです。
パス、リクエストボディ、レスポンスなどを定義します。

ローカルでのテスト
作成したプラグインをローカル環境で動作確認します。

プラグインストアへの申請
OpenAIのプラグインストアにプラグインを公開するための申請を行います。
レビューを経て、承認されるとプラグインストアに掲載されます。

作成の手順は公式ドキュメントでも詳しく解説されているので、そちらも参考にするとよいでしょう。プラグイン開発にはある程度の技術力が必要ですが、この記事を参考に独自のプラグインを作成することができます。

ChatGPTプラグインのまとめ

  • ChatGPTプラグインを使うには、ChatGPT Plusに加入する必要あり
  • プラグインは、OpenAIのプラグインストアにて入手可能
  • ChatGPTの開発は、PythonのFlaskフレームワークなどを使って可能

関連 ChatGPTの使い方