PR

ChatPDF 医学や専門分野もアップロードしてチャット

ChatPDF

ChatPDFは、アップロードしたPDFについて、ChatGPTと対話できるWebアプリケーションです。

ChatPDF – Chat with any PDF!(ChatPDF公式サイト)

難解な論文などを読ませて、「それで、~~についてはどうなの?」といったピンポイントな質問をなげると、欲しい答えを返してくれるんですね。普段から論文を読み込んでいる人にとって、これはすごい時短になりそう。

ChatGPTの基本性能に依存しているため、読み取る文字数の上限は約4000トークン(2500文字程度)ですが、要約性能などは非常に高く、医学的・専門的な質問の回答にも適しています。

完全無料で使いやすいChatPDFは、古くからあり速度・安定性に優れていますが、GPT3.5ベースなので要約・対話性能は他のツールより劣ります。一方、GPT Plus会員向けのAsk YourPDFやMixer Boxは性能面で群を抜いており、トークン上限(4096)を超えた文章の読み込みも可能です。ただし、ファイルサイズや文字数よりも、元ファイルの状態(文字化けの有無、特殊な制作環境など)が重要だと考えられます。

関連 ChatGPTの使い方

ChatPDFを使うには、PDFファイルをアップロードし、内容についての相談や特定のパラグラフの要約を行います。文字数の上限はChatGPTに依存し、基本的に4096トークン(日本語2000-3000文字)です。

ChatPDFを試した感想としては、PDFファイルをアップロードするだけで、ChatGPTと対話できるのは非常に便利だと感じました。また、要約性能が高いので、長い文章の要点を素早く把握できるのも魅力的です。ただし、完全無料版はGPT3.5ベースなので、より高度な要約や対話を求める場合は、有料のGPT4ベースのツールを検討する必要があるでしょう。

ChatPDFの日本語対応

ChatPDFは日本語に対応しているものの、日本語の精度や対応力はまだ完璧ではなく、改善の余地があるようです。

  • 英語のPDFファイルをアップロードしても、日本語で質問すると日本語で回答してくれる
  • 日本語の精度や対応に課題があり、まだ発展途上の段階にある
  • ChatGPTが対応する言語(日本語を含む)のPDFをアップロードして要約・質問できる
  • 日本語には少し弱い印象があるが、PDFの要約や質問対応をすばやく行える

それでも、英語のPDFを日本語で質問して理解したり、日本語のPDFを要約して把握したりするのに役立つツールといえるでしょう。

ChatPDFの料金

ChatPDFには無料プランと有料プランの2つがあります。

無料プラン (Free)

  • 1日に3つまでのPDFファイルをアップロード可能
  • 1つのPDFファイルにつき最大120ページまで
  • 1つのPDFファイルの最大サイズは10MBまで

有料プラン (Plus)

  • 月額2099円
  • PDFのアップロード無制限
  • アップロードしたPDFに対する質問も無制限
  • PDFの上限は2000ページ、サイズ32MBまでにな拡大する
  • 1フォルダあたり50PDF

まずは無料プランで使ってみて、制限を超えて利用したい場合は有料プランへのアップグレードを検討するのがおすすめです。APIの利用を希望する場合は、API登録フォームから申請が必要です。

アップロードしたPDFファイルは安全なクラウドストレージに保存され、他者と共有されることはありません。また、ユーザーはいつでもアップロードしたファイルを削除することができます。

ChatPDFの安全性

ChatPDFはアップロードしたPDFファイルを安全なクラウドストレージに保存し、誰とも共有していません。

ただし、機密性の高いPDFファイルをアップロードする場合には、セキュリティやプライバシーの漏洩リスクがあるため、そのようなファイルはアップロードしないことが推奨されています。

アップロードしたファイルはいつでも削除することができます。 万が一問題があれば、公式のSNSアカウントやメールで運営に連絡して対応ということになります。

ChatPDF – Chat with any PDF!(ChatPDF公式サイト)