PR

Claude 3とChatGPT-4の違い 生成AIの性能

Claude 3とChatGPT-4の違い

項目 Claude 3 ChatGPT-4
開発元 Anthropic OpenAI
モデル Opus (最上位)、Sonnet、Haiku GPT-4
性能 一部のベンチマークでGPT-4を上回る 高い汎用性能
長文処理 最大200,000トークン 最大32,768トークン
言語 100以上の言語に対応 多言語対応
画像入力 対応 対応(GPT-4 Vision)
価格(月額) Opus $75、Sonnet $15 $20

Claude 3とChatGPT-4は、ともに優れた大規模言語モデルですが、いくつかの違いがあります。

性能の違い

Anthropicによると、Claude 3の最上位モデルであるOpusは、様々なベンチマークテストでGPT-4を上回る性能を示しています。

コンテキスト理解力: Claude 3の方が長文の理解力が高い可能性がある。
出力の質: Claude 3の出力が人間らしく自然な日本語になる傾向がある。
マルチモーダル対応: 両者ともテキストだけでなく画像などにも対応しているが、Claude 3の画像分析能力が高いとされる。

ただし、画像生成能力に関してはGPT-4の方が優れているようです。

価格とプランの違い

ChatGPTには無料プランと月額20ドルのPlusプラン、企業向けのEnterprise プランがある。
Claude 3には無料プランと月額20ドルのProプランがある。無料プランではSonnetモデルのみ利用可能。

その他の違い

知識のカットオフ日が異なる(ChatGPT: 2022年12月、Claude 3: 2023年8月)。
利用制限の仕組みが異なる。ChatGPTは回数制限、Claude 3はトークン数制限。

総じて、Claude 3はコンテキスト理解力と自然な出力で優れ、GPT-4は画像生成と幅広いタスク対応力に長けているように見受けられます。用途に合わせて使い分ける必要がありそうです。

Claude 3よりも、ChatGPT-4の方が向いている用途

ChatGPT-4とClaude 3は、それぞれ長所と短所があり、用途によって適したモデルが異なります。

ChatGPT-4は以下のような用途に向いていると考えられます

一般的な質問応答やタスク
ChatGPT-4は幅広い知識を持ち、様々な一般的な質問に対応できます。また、創作やコンテンツ生成などの汎用的なタスクにも適しています。

マルチモーダル入力への対応
ChatGPT-4はテキストだけでなく、画像や音声などのマルチモーダル入力にも対応しています。視覚情報を活用したタスクに向いています。

大規模なデプロイやAPIの利用
OpenAIはChatGPT-4のAPIを提供しており、大規模なデプロイやカスタムアプリケーションへの組み込みが容易です。

関連 ChatGPTの使い方

ChatGPT-4よりも、Claude 3の方が向いている用途

Claude 3は以下のような用途に適していると考えられます

高度な論理的推論や分析
Claude 3は複雑な推論や分析タスクに長けており、高度な専門知識を要するタスクに向いています。

長文書や大量のデータの処理
Claude 3は長いコンテキストウィンドウを持ち、大量のデータを効率的に処理できます。長文書の要約や分析などに適しています。

倫理的で安全な出力
Anthropicは倫理的AIの開発を重視しており、Claude 3は有害な出力を避ける傾向があります。

特定分野への特化
Claude 3は特定の専門分野に特化したモデルを提供する予定があり、その分野での利用に適しています。

関連 Claude3の使い方

Claude 3とChatGPT-4のまとめ

ChatGPT-4は汎用性が高く、一般的な用途に向いている一方、Claude 3は高度な専門的用途に適していると言えます。用途に合わせて適切なモデルを選択することが重要です。