PR

Copy AIの使い方 AIライティングツールの機能と価格

Copy AIの使い方

copy.ai Future proof your business with GTM AI(公式サイト)

Copy.aiは、AIを活用して高品質なコピーライティングを生成するツールです。

直感的に使えるインターフェースで、コンテンツ作成の時間を大幅に短縮できるツールです。

主な使い方は以下の通りです。

プロジェクトの選択
まず、コピーライティングプロジェクトを選択します(メール、ソーシャル投稿、長文のブログ投稿など)。

ブランドや製品の情報を入力
次に、Copy.aiにブランドや製品についてのいくつかの文を入力します。

AIによるコンテンツ生成
AIコンテンツジェネレータが各キャンペーンに対して複数のオプションを提供します。

生成されたコンテンツの編集・公開
Copy.aiのエディタを使用して段落を書き直し、文章を磨き上げます。その後、作業内容をCMSにコピー&ペーストして公開します。

Copy.aiにはブログ記事の作成に役立つ以下のようなテンプレートが用意されています。

  • ブログ記事ウィザード
  • ブログのイントロを書く
  • ブログのアウトラインを書く
  • ブログのセクションを書く

その他にもメールやソーシャルメディア投稿、広告コピーなど90以上のテンプレートがあり、様々なマーケティングコンテンツの作成に活用できます。

Copy.aiを使う際の注意点として、生成された文章が必ずしも正しいとは限らないため、人間がファクトチェックする必要があります。AIで生成した文章をベースに、正しい情報に修正しながらオリジナリティを追加するのが一般的な使い方です。

Copy AIの料金

関連 Plans & Pricing | Copy.ai

チャットモードでなら、月額36ドルで無制限、5シートという価格設定は安いですね。

上記以外に、企業向けのEnterpriseプランがあります。

  • 有料プランは無制限のワード数、プロジェクト数、言語、プロンプトテンプレートを提供
  • ワークフロークレジットはAIによるコンテンツ生成や自動化に使用
  • 月額$36から始まり、ニーズに合わせて柔軟に選択可能

Copy AIの日本語対応

Copy AIは日本語を含む25以上の言語に対応しています。

Copy AIのProプランでは、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、オランダ語、ロシア語、ポーランド語、中国語、日本語など25以上の言語でコンテンツを作成できます。

海外製のツールということもあり、日本語の文化的ニュアンスや慣用表現の調整はできていないと考えられます。

公式サイトには、「Copy.ai works with every major LLM with a zero-retention data policy.」とあります。つまり、Copy.aiはデータ保持ポリシーがゼロの主要なLLMと連携して動作しているようです。ただし具体的にどのLLMを使用しているかまでは言及されていません。

それでも、日本人以外の非ネイティブスピーカーの日本語ライティングで、さほど不自然さのない日本語を生成できるレベルにはなっています。

何か不具合がおこったときの、日本語でのサポートはあまり期待できないかも。

Copy AIのまとめ

Copy AIは英語インタフェースですが、日本語にも対応しています。

日本語の生成は可能です。しかし、海外ツールのため生成される日本語が自然になるような調整はされていないと考えられます。

価格的には、月36ドルのProモードが、Chatモードで無制限使用が可能なので、使い方によっては他のAIライティングツールより割安と言えるでしょう。

関連 AIライティングツールのおすすめ