PR

AIライティングツール おすすめ/料金は?SEO対策機能とは

AI記事作成ツールのおすすめ

AIライティングツールのおすすめは以下の通りです。

国産のAIライティングツール

日本人が運用しているので、生成される日本語の自然さがある程度担保されます。また、日本語でのサポートがあるので、業務に使う場合には安心。料金は海外製に比べると高めなのが多いです。(サポート費用?)

ラクリン
無料プランでも毎月1記事作成可能。リライト機能や誤字脱字チェック機能も搭載されている。リード文、本文、まとめに見出しと、ブログ記事にマッチして構造の文章が生成可能。

月4,980円で約10記事なので、AIライティングツールとしてはお高い感じがします。

Catchy

記事作成やキャッチコピー作成など、生成メニューがあらかじめ用意されていて、すぐに文章作成に使えるサービス。プロンプトを苦労して考えずに済む点が優秀です。

「無制限プラン」(9,800円)というのがあり、いくら使っても上限が決まっているので、バリバリ使う人には有利。

関連 Catchyの使い方

海外製のAIライティングツール

料金は安いものが多いのですが、日本語環境で発生するような問題のサポートは期待できません。日本語生成可能とうたっているサービスでも、生成される日本語が自然かどうかは、スタッフが理解できないので「素のChatGPT」のような文章が出てくる可能性が高いです。試してみて、品質に問題を感じなければ、月々のコストを節約できるという感じ。

Jasper.AI

高品質な長文コンテンツ生成に適している。

関連 Jasper AIの使い方

Copy.ai

広告コピーやソーシャルメディア投稿の作成に向いている。

関連 Copy AIの使い方

 

Rytr

簡単な操作で様々なジャンルの文章を生成できる。

関連 Rytr AIの使い方

AIライティングツールを選ぶ際は、日本語対応の有無、用途に合った機能があるかどうかを確認することが重要です。また、AIで生成した文章は必ずファクトチェックを行い、人手で最終確認することをおすすめします。

AIライティングツールのSEO対応とはどういうもの?

生成した文章は、SEOにもバッチリ対応!と書かれていたりすることが多いですが、実際どうなんでしょうか?

SEO対応とは、どういうことを言っているの?

AIライティングツールのSEO対応とは、検索エンジンの上位表示を獲得するために最適化された記事を自動生成できる機能のことです。

主な特徴は以下の通りです。

キーワード選定と最適化
ターゲットキーワードを入力すると、そのキーワードに関連する記事の構成案や本文を自動生成します。キーワードの出現密度を適切に調整し、過剰な使用を避けてくれます。

競合サイト分析
競合サイトの記事構成や文字数などを分析し、それらを上回る提案をしてくれます。競合サイトよりも優れた記事を作成できるよう、ガイドラインを提示します。…が、これをやってくれるライティングツールはほぼないんじゃないかな…という気がします。

構造化された記事作成
適切な見出し構成を提案し、読みやすい記事を作成できます。段落分けや画像の挿入位置なども提案してくれるツールもあります。

自動生成と編集支援
キーワードと指示を入力するだけで、記事の下書きを自動生成できます。生成された文章を自動で校正・編集し、自然な文章に仕上げてくれます。

どういうSEO対策かはライティングツールによりますが、テンプレートのような記事の構成に関連キーワードなどを当てはめた記事作成を「SEO対策」と言っていることが多いようです。

最近のGoogleは、記事タイトルや見出し、内部リンク、被リンクなどの情報の構造をチェックして仮の順位をつけてから、画像や文章などのコンテンツを評価する…という流れなので、文章部分のSEOの優先度はそれほど高くないかも知れません。

実際、AIで適当に書き散らかしたような記事を大量生産しているサイトは、最近ではあまり評価されなくなっています。

AI文章作成ツールの文章はLLMに寄る

AIライティングツールが生成する文章は、主に大規模言語モデル(LLM)によって生成されています。

大規模言語モデル(LLM)は、膨大な量のテキストデータから言語の規則性を学習したAIモデルです。代表的なLLMとしてGPT-3、GPT-4、LaMDA、PaLMなどがあります。

関連 LLMとは? 特徴や仕組み、生成AIとの違いは?

GPT系は文章が硬めで、どうしてもwikipediaっぽくなりがちなんですよね。もしもLLMが選べるなら、2024年時点では、Claude 3 Opusが一番自然な文章を生成できると思います。

関連 Claude3の使い方

とは言っても、AIライティングツールの出力は、ときに不自然な箇所や誤りが含まれます。

基本的に、人間による確認と修正が必要不可欠なものと考えるのが良いでしょう。