PR

Google Geminiの使い方 有料プランと便利な使い方

Google Geminiの使い方

Google Geminiの使い方

Gemini 公式サイト

  • gemini.google.comにアクセスしてGoogleアカウントでログインする
  • 画面下部のチャットボックスに質問や指示を入力して送信する
  • Geminiが生成した回答を確認する。「回答案を表示」をクリックすると合計3つの回答案が見られる
  • 気に入った回答の横にある「いいね」ボタンを押すと、より好みの回答が返ってくるようになる

便利な使い方・活用例

  • 文章作成 メールや報告書の下書き、記事コンテンツの作成など
  • 情報収集 旅行プランの立案、結婚式スピーチのアイデア探しなど
  • 翻訳 英語などの外国語の文章を日本語に翻訳する
  • コーディング プログラミングコードの生成や解説
  • 画像生成 テキストから画像を生成する(Gemini Advancedプランのみ)

料金プラン

  • 無料版 基本的な機能が無料・無制限で利用可能
  • 有料版のGemini Advanced 月額19.99ドル。高性能モデルのGemini Ultraが使える

Geminiは最新情報にアクセスでき、日本語にも対応しているのが特徴です。
まずは無料版で使い方に慣れ、必要に応じて有料プランへの加入を検討するのがおすすめです。
プロンプトの書き方のコツを学ぶことで、より良い結果が得られるでしょう。

Geminiでの文章作成の方法

Geminiを使って文章を作成する方法は以下の通りです。

Geminiにログイン

  • gemini.google.comにアクセスしてGoogleアカウントでログインする
  • 画面下部のチャットボックスが表示されたら、Geminiが使える状態になっている

文章作成の指示を入力

  • 画面下部のチャットボックスに、作成したい文章の指示を自然な言葉で入力する
  • 例:「500文字程度で電話代行サービスのメリットについて説明する文章を書いてください」
  • 送信アイコン(紙飛行機マーク)をクリックして指示を送信する

Geminiが生成した文章を確認・編集

  • Geminiが指示に沿って文章を生成し、回答を表示する
  • 「回答案を表示」をクリックすると、合計3つの回答案が見られる
  • 気に入った回答の横にある「いいね」ボタンを押すと、より好みの回答が返ってくるようになる
  • 生成された文章をコピーして、必要に応じて加筆修正する

作成した文章の活用

  • 生成された文章をブログ記事やメールの下書き、報告書などに活用する
  • 文章をGmailやGoogleドキュメントに出力して共有・保存することもできる

自然な日本語で具体的に指示を出すことがコツです。

Geminiを使うときの注意点

Google Geminiを使う際の主な注意点は以下の通りです。

機密情報や個人情報を入力しない
Geminiとの会話内容は、Googleの従業員が品質向上のために確認することがあります。機密情報や個人情報は絶対に含めないようにしましょう。

不正確な情報に注意する
Geminiは時々不正確な情報(ハルシネーション)を生成することがあります。事実確認を怠らず、重要な判断にはGeminiの回答だけを頼らないようにしましょう。

専門的なアドバイスとして受け取らない
医療、法律、財務など専門分野に関するGeminiの回答は、専門家のアドバイスとして扱わないでください。

生成された画像の不適切表現に注意
Geminiの画像生成機能では、時代考証の誤りなど不適切な表現が含まれる可能性があります。現在、この機能は精度向上のため一時停止中です。

APIの利用規約を確認する
Gemini APIを利用する際は、Google APIの利用規約やプライバシーポリシーをよく確認し、適切に利用しましょう。

まだ実験段階の技術と認識する
Geminiはまだ発展途上の実験的技術です。驚くべき可能性を秘めていますが、同時に限界や欠点もあることを理解しておく必要があります。

以上のように、Geminiの利便性を活用しつつ、その限界を踏まえて適切に使っていくことが肝要です。技術の進歩に期待しつつ、慎重に付き合っていきましょう。

Google Gemini Advanced(有料版)は何が違う?

以下は、Google Geminiの無料版と有料版の主な違いをまとめたものです。

無料版のGemini

  • 無料で利用可能
  • 基本的な文章生成や質問応答などのタスクに対応
  • 処理速度は有料版に比べて遅い
  • 利用できるデータ量は少ない

有料版のGemini Advanced

  • 月額2900円の料金がかかる(最初の2ヶ月は無料トライアル期間あり)
  • 最新の高性能モデル「Gemini Ultra」が利用可能
  • 複雑なタスクにも対応し、処理速度が速い
  • 2TBのGoogleドライブストレージ容量が付属
  • GmailやGoogleドキュメントなどでGeminiの支援機能が利用可能
  • Google Oneプレミアムプランの特典が付属

また、Gemini Advancedは単体プランではなく、Google Oneの新プラン「AI Premium」の一部として提供されている点も特徴です。

無料版でも基本的な機能は利用できますが、高度なタスクや大量データの処理、高速レスポンスが必要な場合は、有料版のGemini Advancedを検討しても良いかも。

Google Geminiのまとめ

  • Gemini(旧Google Bard)は、チャット形式で対話をすると様々な回答をしてくれるAIアシスタント。
  • 文章の添削、夕食の献立作成など、ビジネスやプライベートの多様なシーンで活用できる
  • 1度の質問に対して3種類の回答をしてくれるのが特徴で、自分に最適な答えを見つけやすい
  • Gmail、YouTube、Google Map、Googleドライブなど各種Googleサービスと連携できる拡張機能がある
  • 日本語に対応しており、基本的な機能は無料で利用できる