PR

文字起こしアプリ(無料)の比較 利用可能時間や音声ファイル対応

文字起こしアプリ(無料)の比較

文字起こしアプリで、無料で使えるものをピックアップして比較。

サービス名 無料で可能な文字起こし機能 特徴 言語サポート デバイス対応
Googleドキュメント 無制限のリアルタイム音声入力 無料で使用可能
音声コマンドで編集可能
自動保存
英語(音声コマンドは英語のみ) PC(Chromeブラウザ)
Speechnotes 無制限のリアルタイム音声入力 無料で使用可能
自動保存
音声コマンドで句読点挿入
Google Driveへのエクスポート
58言語対応 PC、Android
CLOVA Note 月300分(5時間)まで無料 話者分離機能
ノイズリダクション
ブックマーク機能
テキスト検索
日本語、英語、韓国語、中国語 スマホ、タブレット、PC
Notta 1回3分、月120分まで無料 高精度(98.86%)
話者識別
AIによる要約機能
多言語対応
58言語対応 PC、スマホ
Speechy Lite 1回1分で無制限のリアルタイム音声入力 音声ファイルの同時録音
翻訳機能
カスタム語彙追加
88言語以上 iPhone、iPad

Googleドキュメント
無料使用範囲: Googleアカウントがあれば完全無料で利用可能。
特徴: 音声文字起こし機能が搭載されており、会議、授業、日常のメモ取りに便利。

 

Speechnotes
無料使用範囲: 無料で基本的な文字起こし機能が利用可能。
特徴: シンプルなインターフェースで使いやすく、リアルタイムでの文字起こしが可能.

 

CLOVA Note
無料使用範囲: 毎月300分までの文字起こしが無料。
特徴: シンプルな機能で無料利用が可能、会議、インタビュー、日常会話の記録に適している。

 

Notta(ノッタ)
無料使用範囲: 無料プランでは、毎月120分(2時間)まで無料。
特徴: 高精度の文字起こし、複数デバイス間でのデータ同期、テキスト翻訳機能などが利用可能。

関連 Nottaの使い方

 

Speechy Lite(スピーチィ ライト)
無料使用範囲: 無料版では文字起こしできる時間が1回あたり1分間。短い会話の連続なら問題なし。特徴: シンプルなインターフェースで使いやすく、誤字脱字の修正、句読点の追加・削除が可能。

Googleドキュメントの文字起こし

Googleドキュメントの文字起こし機能は、無料で使いやすいという大きなメリットがありますが、精度や特定の使用条件においては制約があるため、用途に応じて他のツールと併用することが推奨されます。

メリット

無料で利用可能
Googleドキュメントの音声入力機能は無料で利用でき、追加の費用がかかりません。

使いやすさ
インターフェースが直感的で、技術的なスキルが少なくても簡単に使用できます。

リアルタイムの文字起こし
音声をリアルタイムでテキストに変換するため、即座に結果を確認できます。

多言語対応
Googleドキュメントの音声入力機能は100以上の言語に対応しており、幅広い言語での文字起こしが可能です。

編集機能
文字起こし後に簡単に編集や修正ができるため、誤りをすぐに修正できます。

デメリット

精度の問題
特にアクセントがある場合や、背景ノイズが多い場合には、精度が低下することがあります。

事前録音音声の文字起こしには不向き
Googleドキュメントの音声入力機能はライブディクテーションに最適化されており、事前に録音された音声の文字起こしには適していません。

音声コマンドの制限
音声コマンドは英語でのみ利用可能であり、他の言語では利用できないため、非英語話者には不便です。

手動での修正が必要
自動文字起こしの結果には誤りが含まれることが多く、手動での修正が必要になることが多いです。

外部マイクの必要性
内蔵マイクでは音声の拾い方が不十分な場合があり、外部マイクを使用することで精度が向上することがあります。

Speechnotesで文字起こし

Speechnotesは、その高い正確性と使いやすさ、多機能性から多くのユーザーに支持されていますが、音声コマンドの制限やセキュリティの懸念など、いくつかのデメリットも存在します。

メリット

正確性
SpeechnotesはGoogleの音声認識エンジンを使用しており、非常に高い正確性を誇ります。
特に、長時間のディクテーションでも途切れることなく続けられるため、効率的に作業が進められます。

使いやすさ
インターフェースがシンプルで、初心者でも簡単に利用できます。
Chromeブラウザ上で動作し、ダウンロードやインストールが不要です。

多機能
Google Driveへのバックアップ機能や、タイムスタンプの挿入、オフラインモードのサポートなど、多くの便利な機能が搭載されています。
音声入力とキーボード入力を同時に行えるため、効率的に文章を作成できます。

コストパフォーマンス
基本機能は無料で利用でき、プレミアムプランも月額$1.90と非常にリーズナブルです。

多言語対応
日本語を含む多言語に対応しており、国際的な利用にも適しています。

デメリット

音声コマンドの制限
音声コマンドでの編集機能が限定的で、誤字脱字の修正が難しい場合があります。
特定の音声コマンドに対応していないため、手動での修正が必要になることがあります。

広告の存在
無料版では広告が表示されるため、作業の集中を妨げる可能性があります。

セキュリティとプライバシー
データはGoogleの音声認識サービスを通じて処理されるため、プライバシーに敏感なユーザーには不安が残るかもしれません。

音声認識の限界
背景ノイズや複数の話者がいる場合、認識精度が低下することがあります。
特定のアクセントや方言に対しては認識が難しい場合があります。

機能の一貫性の欠如
ChromeアプリとAndroidアプリの間で機能の一貫性が欠けているため、両方を使用するユーザーには不便を感じることがあります。

CLOVA Noteでの文字起こし

CLOVA Noteは、特に高精度な文字起こしと多機能性が評価されており、無料で利用できる点も大きな魅力です。しかし、Webツールとの連携不足や利用制限などのデメリットも存在します。

メリット

高精度な文字起こし
CLOVA Noteは高い文字起こし精度を誇り、業界トップクラスの正確さを持っています。
話者を区別する機能があり、複数の話者がいる場合でもそれぞれの発言を正確に記録できます。

多機能
録音機能、リアルタイム文字起こし、音声ファイルのアップロードと解析、メモ機能、タグ付け、検索機能など、多彩な機能を提供しています。
フィラーや言い淀みを自動的に除去する機能もあり、より自然でクリアなテキストに変換できます。

無料で利用可能
CLOVA Noteは無料で利用でき、スマートフォンアプリでは無制限に音声の変換が可能です。PC版でも月300分まで無料で自動文字起こしができます。

クロスプラットフォーム対応
スマートフォンアプリ(iOS/Android)とPCブラウザ版があり、同じLINEアカウントを使えばどちらからでも同じノートを参照できます。

セキュリティ
音声データはLINEのサーバー上に保存され、第三者に提供されることはなく、利用者の承諾を得た上でのみ使用されます。

デメリット

Webツールとの連携不足
ZOOMやMicrosoft TeamsなどのWeb会議ツールと直接連携できないため、これらのツールを使用する場合には別途音声ファイルをアップロードする必要があります。

利用制限
無料版では月300分までの制限があり、これを超えると追加の利用ができません。ただし、データ提供に同意すると月600分まで利用可能です。

リアルタイム文字起こしの制限
リアルタイムでの文字起こしはスマートフォンアプリでのみ可能で、PCブラウザ版では音声ファイルのアップロード後に文字起こしが行われます。

一部機能の欠如
ビデオ録画やCRM統合、ZoomやGoogle Meetとの直接統合がないため、これらの機能が必要な場合には他のツールを検討する必要があります。

誤認識の可能性
文字起こしの結果には誤認識が含まれることがあり、後からテキスト編集で修正が必要な場合があります。

Nottaで文字起こし

Nottaの文字起こしサービスは文字起こし精度とスピードが優れているというメリットがある反面、無料使用だとお試しレベルの機能しか使えないというデメリットがあります。

メリット

高精度な文字起こし
NottaはAIを用いた高精度の音声認識エンジンを搭載しており、日常会話であれば8〜9割の認識精度を誇ります。
他の文字起こしアプリに比べて誤変換が少なく、手直しの手間が減ります。

スピード
1時間の音声データを約5分で文字起こしすることができ、従来の手作業に比べて大幅に効率化できます。

多機能
リアルタイム文字起こし、音声ファイルのインポート、Web会議の録音、Chrome拡張機能など、多様な機能を提供しています。
文字起こしデータの編集、タグ付け、メモの挿入、発言者の識別なども可能です。

多言語対応
Nottaは日本語や英語を含む58言語に対応しており、国際会議や多言語のインタビューでも利用できます。

セキュリティ
SSL通信やTSL暗号化などのセキュリティ対策が施されており、情報漏洩のリスクを軽減しています。

コストパフォーマンス
無料プランでも月120分の文字起こしが可能で、導入コストが低い点も魅力です。

デメリット

騒音や雑音に弱い
騒音、雑音、早口、あいまいな発音、複数の話し声が重なると、文字起こしの正確性が低下することがあります。

修正作業が必要
自動文字起こしで誤変換や不足箇所が発生した場合、後から修正が必要になることがあります。

制限付きの無料プラン
無料プランでは一度に文字起こしできる時間が3〜5分と短く、長時間の音声データを扱う場合には有料プランが必要です。

複数話者の同時発言に弱い
複数の人が同時に話すと、文字起こしが混乱しやすくなります。

特定の条件での認識精度の低下
方言や独特の言葉遣い、専門用語などに対しては認識精度が低下することがあります。

Speechy Liteで文字起こし

基本無料で使える点が大きなメリットですが、iOSのみで1回に1分間のシバリは使いづらい面があります。課金で制限開放。

メリット

無料で利用可能
Speechy Liteは無料で利用できるため、コストをかけずに音声の文字起こしを試すことができます。

多言語対応
88以上の言語に対応しており、外国語学習やグローバルなシーンでの利用が可能です。

リアルタイム文字起こし
リアルタイムで音声をテキストに変換する機能があり、会議やインタビューなどで即座に文字起こしができます。

翻訳機能
翻訳機能が搭載されており、音声を他の言語に翻訳することができます。

バックグラウンド音声認識
他のアプリを操作しながらでも音声認識が可能で、マルチタスクに対応しています。

共有機能
認識されたテキストやオーディオファイルを、LINEやメール、Evernote、Dropboxなどの他のアプリに簡単に共有できます。

デメリット

長時間の音声認識に制限
無料版では長時間の音声認識に制限があり、有料版でのみ無制限の音声認識が可能です。

デバイスの制限
iOSデバイス(iPhone)のみ対応しており、Androidユーザーは利用できません。

機能の制限
無料版では一部の機能が制限されており、例えば「ひらがな」「カタカナ」への自由変換機能は有料版でのみ利用可能です。

データ管理の制限
保存したデータはリスト上で管理され、並び替えなどが一切できないため、データ管理がやや不便です。

精度の限界
ノイズが多い環境では認識精度が低下することがあり、完全な精度を求める場合には不向きです。

文字起こしアプリ(無料)の比較のまとめ

無料で無制限のGoogleドキュメント、Speechnotes、Speechy Liteはリアルタイム音声入力限定です。あらかじめ録音した音声を高速処理する用途では使えません。文字起こしというよりは、音声入力機能という方が近いかも。

音声を別デバイスで再生してマイクから入力すればイケるかも…。ただ、長時間の音声ファイルだと、途中でエラーが出たら…とか、処理中は音を出さないようしないと…など色々面倒。

CLOVA Noteは、音声ファイルでの文字起こしに対応していて、無料で使える時間も300分とじゅうぶん。無料で会議などの文字起こしにこだわるなら、このアプリが一番優秀かも。

Nottaは、無料だとお試しレベルでしか使えないのですが、課金すると高精度高速文字起こしが可能な優秀サービス。1時間の音声を5分で文字起こしできるなど、会議の文字起こしなんかには、コレじゃないとやってられないかも。