PR

ChatGPTで動画作成 AIの制作効率化と活用方法

ChatGPTで動画作成

ChatGPTは動画の実際の撮影や編集はできません。

あくまでスクリプトや補助的な役割に留まります。動画制作ツールと組み合わせて使うと、より効率的に動画を作れます。

動画スクリプトの作成
ChatGPTに動画のアイデアやコンセプトを入力すると、それに基づいた動画スクリプトを生成してくれます。自然な会話文や説明文を生成できるので、ナレーション用のスクリプトを作成するのに役立ちます。

動画タイトルやキャプションの生成
動画のタイトルやYouTubeの説明文、字幕などを考えるのに便利です。キーワードやトピックを入力すると、関連する魅力的なタイトルやキャプションを提案してくれます。

ショットリストの作成
動画の構成やカメラアングル、撮影シーンなどを入力すると、詳細なショットリストを生成できます。これにより、効率的な撮影が可能になります。

編集アシスト
動画の編集中に、ChatGPTにフッテージの内容を要約させたり、編集のアイデアを出してもらうことができます。編集の手順や技術的なアドバイスも提供してくれます。

動画説明文の生成
完成した動画について、ChatGPTに内容を要約させると、動画の説明文を自動生成してくれます。キーワードの最適化なども可能です。

ChatGPTで動画スクリプトの作成

ChatGPTは、動画の台本や構成を作成するのに非常に役立ちます。以下の手順で、ChatGPTを活用して効率的に動画スクリプトを作成することができます。

動画のトピックを決める

まず、動画のトピックやテーマを決める必要があります。例えば、「YouTubeチャンネルの始め方」や「料理の基本テクニック」などのように、具体的なトピックを設定します。

ChatGPTにプロンプトを入力する

次に、ChatGPTにプロンプト(指示文)を入力します。例えば、以下のようなプロンプトを入力できます。

「[動画のトピック]について、YouTube動画のスクリプトを作成してください。対象視聴者、導入部分、本編の構成、まとめを含めてください。」

関連 ChatGPTのプロンプト

ChatGPTからスクリプトを生成

ChatGPTは、入力したプロンプトに基づいて動画のスクリプトを生成します。生成されたスクリプトには、以下のような構成が含まれています。

  • 対象視聴者
  • 導入部分
  • 本編の構成(セクション分け)
  • まとめ

生成されたスクリプトをベースに、必要に応じて手直しや加筆修正を行います。

視覚的要素の追加

動画には視覚的な要素も重要です。ChatGPTに「[動画のトピック]の動画に適した画像やイラスト、グラフィックスの案を提案してください」とプロンプトを入力すれば、視覚的要素のアイデアも提案してくれます。

ナレーション用のスクリプト調整

ナレーションを入れる場合は、スクリプトを口語調に調整する必要があります。ChatGPTに「このスクリプトをナレーション用に口語調に直してください」と指示すれば、適切な調整を行ってくれます。

このように、ChatGPTを活用することで、動画スクリプトの作成プロセスを大幅に効率化できます。ただし、生成された内容は必ずしも完璧ではありませんので、自分で確認し、必要に応じて修正を加えることが重要です。

動画タイトルやキャプションの生成

ChatGPTを使って動画のタイトルやキャプションを生成することは可能です。以下のようなプロンプトを使うと良いでしょう。

動画タイトルの生成
“以下の動画の内容に基づいて魅力的な動画タイトルを提案してください。
[動画の簡単な説明]”

動画キャプションの生成
“以下の動画の内容に基づいて、動画に合ったキャプションを複数提案してください。
[動画の簡単な説明]”

動画の内容を簡潔に説明し、ターゲット視聴者や動画の目的なども伝えると、より適切なタイトル/キャプションが生成されます。

生成されたタイトル/キャプションはあくまで案なので、編集や改善を加えながら最適なものを選ぶ必要があります。また、キーワードの盛り込みなどSEO対策も意識すると良いでしょう。

動画編集ソフトによっては、ChatGPTと連携できるプラグインがあり、動画制作の効率化が期待できます。例えばCapCutにはChatGPTプラグインがあり、プロンプトを入力するだけで動画を自動生成できます。

このように、ChatGPTは動画制作の様々な場面で活用できるでしょう。創造性を発揮しながら、効率的な動画制作を心がけましょう。

ショットリストの作成

はい、ChatGPTを使ってショートムービーの動画ショットリストを作成することができます。以下の手順で作成してみましょう。

ショートムービーの動画ショットリストの作り方

動画のコンセプトを決める
まず、作りたい動画のコンセプトやテーマを決めましょう。例えば「朝の習慣」「料理レシピ」「旅行の思い出」など、具体的なテーマを設定します。

ショットリストのプロンプトを作成する
ChatGPTに以下のようなプロンプトを入力します。

1分間の[動画のテーマ]に関するショートムービーのショットリストを作成してください。各ショットの簡単な説明と、必要に応じて指示やメモを含めてください。

 

[テーマ]の部分を1で決めたコンセプトに置き換えます。例

1分間の[動画のテーマ]に関するショートムービーのショットリストを作成してください。各ショットの簡単な説明と、必要に応じて指示やメモを含めてください。 例: 1分間の「朝の習慣」に関するショートムービーのショットリストを作成してください。各ショットの簡単な説明と、必要に応じて指示やメモを含めてください。```

ChatGPTの出力を確認する
ChatGPTが動画のショットリストを出力します。各ショットの簡単な説明と必要な指示やメモが含まれています。

ショットリストを調整する
ChatGPTの出力を確認し、必要に応じてショットの説明や順番を調整します。プロンプトを少し変えて、再度出力を求めることもできます。

動画の撮影と編集
完成したショットリストに従って、実際に動画の撮影と編集を行います。

このようにChatGPTを活用することで、短い時間で動画のアイデアを具体化し、ショットリストを作成することができます。ChatGPTの出力を編集・調整しながら、自分なりのショートムービーを作り上げていきましょう。

編集アシスト

ChatGPTには文章の編集や校正を支援する機能があり、以下のようなことができます。

文法や構文のチェック
ChatGPTは文章の文法ミスや不自然な表現を指摘し、適切な表現に修正することができます。

スタイルや言い回しの改善
文章の明瞭性や読みやすさを高めるため、冗長な表現を簡潔にしたり、適切な言い回しに改めたりすることができます。

一貫性のチェック
文書全体を通して用語の統一性や表記揺れ、時制の一貫性などをチェックし、必要に応じて修正を提案します。

内容の要約
長文の文章を要約し、主要なポイントを簡潔にまとめることができます。

編集アシストを活用するには、文章をChatGPTに入力し、編集の目的や方針を具体的に指示する必要があります。ChatGPTの提案は常に正しいわけではないので、最終的には人間が内容を確認する必要があります。

動画説明文の生成

ChatGPTを使ってYouTube動画の説明文(ディスクリプション)を生成する方法は以下の通りです。

ChatGPTにYouTube動画のタイトルや内容を入力する

「この動画の説明文を作成してください」と指示する

ChatGPTが動画の説明文を生成する

例えば、「ミニバンの最新モデルをレビューする動画の説明文を作成してください」と入力すると、ChatGPTは以下のような説明文を生成します。

「🚐ミニバン愛好家必見!🚐 今回の動画では[ミニバン名]の最新モデルを徹底レビュー。魅力的な機能、デザイン、快適なドライビング感を紹介します。家族旅行や日常使いなど、様々なシーンでの活躍ぶりをお見せします。(以下ハイライトと時間コード)」

このように、動画の概要、見どころ、関連リンクなどを盛り込んだ説明文を自動生成できます。人手で書くよりも手間が省け、説明文の質も高くなります。

ChatGPTで動画作成のまとめ

ChatGPTは動画作成そのものはできません。

しかし、ChatGPTでアイデア出しから脚本作成、SEO対策まで、ChatGPTは動画制作の様々な工程をサポートし、クリエイティブな作業を格段に効率化できます。

生成AIの提案を人間側で監修することで、高品質な動画コンテンツを制作できます。

関連 ChatGPTの使い方