PR

ChatGPTのAPIの使い方 登録方法と注意点

ChatGPT APIの使い方

ChatGPT APIは、OpenAIが提供する強力なツールで、開発者が自分のアプリケーション、製品、サービスにChatGPTを統合することを可能にします。以下に、ChatGPT APIの使い方について詳しく説明します。

APIの基本的な使い方

APIを使用するためには、APIキーと呼ばれる文字列を取得し、リクエストの際にプロンプト等といっしょにAPIモジュールに送信します。

以下は、Pythonを使用した基本的なリクエストの例です。

import openai

openai.api_key = 'YOUR_API_KEY'

response = openai.ChatCompletion.create(
  model="gpt-3.5-turbo",
  messages=[
    {"role": "system", "content": "You are a helpful assistant."},
    {"role": "user", "content": "Who won the world series in 2020?"}
  ]
)

print(response.choices[0].message['content'])

この例では、gpt-3.5-turbo`モデルを使用して、2020年のワールドシリーズの勝者を尋ねています。

openaiというモジュールが、APIアクセス用のモジュールになります。

トークンと料金

ChatGPT APIの料金は、使用したトークン数に基づいて計算されます。トークンは、入力と出力のテキストの単位であり、1トークンは約4文字または0.75単語に相当します。料金は非常に低く、例えば、GPT-3.5 Turboモデルでは1,000トークンあたり0.0015ドルです。

APIの機能と活用例

ChatGPT APIは多くの機能を提供しており、以下のような用途に利用できます。

コーディング支援: 新しいコーディングフレームワークの学習、コーディング関連の質問への回答、簡単なプログラムの作成、コードのデバッグ、コードレビューと説明。
カスタマーサービス: クレーム処理、トラブルシューティング、返品ポリシーの説明、フィードバック収集、製品推薦。
教育支援: プレゼンテーションのスライド生成、スピーチの構成、宿題の支援、研究サポート。

APIの設定と管理

APIの設定や管理は、OpenAIのダッシュボードから行います。使用制限を設定して、予期しない料金の発生を防ぐことができます。また、専用インスタンスを利用することで、特定のモデルバージョンやシステムパフォーマンスをより細かく制御することも可能です。

ChatGPT APIは、さまざまなアプリケーションに統合できる強力なツールです。APIキーを取得し、適切なリクエストを送信することで、自然言語処理の能力を活用した多様なタスクを実行できます。料金は使用したトークン数に基づいており、非常に低コストで利用可能です。

ChatGPT APIのキーの取得方法

ChatGPTのAPIキーを取得するための手順は以下の通りです。これらの手順を踏むことで、OpenAIのAPIを利用してChatGPTをアプリケーションやプロジェクトに統合することができます。

OpenAIアカウントの作成

まず、OpenAIの公式ウェブサイトにアクセスし、アカウントを作成します。以下の手順に従ってください。

OpenAIのウェブサイト(https://www.openai.com/)にアクセスします。

右上の「Sign Up」ボタンをクリックし、新規登録を行います。GoogleアカウントやMicrosoftアカウントでも登録可能です。

支払い情報の設定

APIキーを発行する前に、支払い情報を設定する必要があります。以下の手順に従ってください。

アカウントにログインした状態で、左上の「Overview」または「Billing」セクションに移動します。
「Upgrade」または「Set up paid account」をクリックし、個人または企業の選択肢を選びます。
クレジットカード情報や住所を入力し、支払い情報を登録します。

APIキーの生成

支払い情報を設定した後、APIキーを生成します。以下の手順に従ってください。

アカウントにログインし、右上のアカウントメニューから「View API Keys」をクリックします。
「Create new secret key」ボタンをクリックし、APIキーの名前を入力して「Create secret key」を押します。
生成されたAPIキーをコピーし、安全な場所に保存します。このキーは再表示できないため、必ず保存してください。

使用制限の設定

APIの使用量を管理するために、使用制限を設定します。

「Usage Limits」セクションに移動し、ハードおよびソフトの使用制限を入力します。
設定が完了したら「Save」をクリックします。

注意点

APIキーは他人に知られないように注意してください。APIキーが漏洩すると、不正利用される可能性があります。
OpenAIのAPIは従量課金制であるため、使用量に応じて料金が発生します。初回登録時には3ヶ月間有効な5ドルの無料クレジットが提供されます。

これらの手順を踏むことで、ChatGPTのAPIキーを取得し、さまざまなアプリケーションに統合することができます。

ChatGPT APIのPythonでの実行方法

Python環境のセットアップ

Pythonがインストールされていることを確認します。インストールされていない場合は、[Pythonの公式サイト](https://www.python.org/)からインストールしてください。

仮想環境を作成し、アクティベートします。以下のコマンドを使用します:

python -m venv env
source env/bin/activate # Windowsの場合は `env\Scripts\activate`

OpenAIのPythonライブラリをインストールします:

pip install openai

APIキーの設定

APIキーをPythonスクリプトで使用するために設定します。スクリプト内に埋め込むのではなく、環境変数に設定して使う方法が推奨されます。

環境変数にAPIキーを設定します:

export OPENAI_API_KEY="your-api-key" # Windowsの場合は `set OPENAI_API_KEY=your-api-key`

 

Pythonスクリプトの作成

以下のPythonコードを使用して、ChatGPT APIにリクエストを送信します。

import openai
import os

# APIキーの設定
openai.api_key = os.getenv("OPENAI_API_KEY")

# ChatGPT APIにリクエストを送信
response = openai.ChatCompletion.create(
    model="gpt-3.5-turbo",
    messages=[
        {"role": "system", "content": "You are a helpful assistant."},
        {"role": "user", "content": "Hello!"}
    ]
)

# レスポンスの表示
print(response.choices[0].message['content'])

このスクリプトは、ユーザーからの「Hello!」というメッセージに対して、ChatGPTが応答を生成する例です。

実行

スクリプトを実行して、ChatGPT APIの応答を確認します。

python your_script_name.py

これで、ChatGPT APIをPythonで使用する基本的な方法が完了です。さらに高度な使用方法やカスタマイズについては、OpenAIの公式ドキュメントや他のリソースを参照してください。

ChatGPT APIの活用事例

ChatGPT APIは、さまざまな業界や用途で活用されています。以下に、具体的な活用事例をいくつか紹介します。

カスタマーサポート
ChatGPT APIは、カスタマーサポートの自動化に利用されています。企業は、チャットボットを導入することで、24時間体制で顧客の問い合わせに対応し、応答時間を短縮し、顧客満足度を向上させることができます。

コンテンツ生成とキュレーション
ChatGPTは、ブログ記事、ソーシャルメディア投稿、ニュースレターなどのコンテンツを自動生成するために使用されます。また、ユーザーの好みや検索履歴に基づいてコンテンツをキュレーションすることも可能です。

コードの作成とデバッグ
ChatGPTは、プログラミングの支援にも利用されています。コードの生成、デバッグ、コードの補完、ドキュメントの作成など、さまざまなプログラミングタスクを効率化することができます。

リクルートと採用
ChatGPTは、履歴書のスクリーニングや初期面接の自動化に利用されます。これにより、採用プロセスが効率化され、HRチームの負担が軽減されます。

医療診断と治療
医療分野では、ChatGPTが症状の確認や基本的な医療情報の提供に利用されています。これにより、患者が迅速に情報を得ることができ、医療従事者の負担が軽減されます。

教育と学習支援
ChatGPTは、教育分野でも活用されています。学生の質問に答えたり、宿題のサポートをしたり、複雑な概念をわかりやすく説明することができます。

マーケティングと広告
ChatGPTは、広告コピーの作成やマーケティングキャンペーンのアイデア出しに利用されます。これにより、マーケティングチームはより効果的なコンテンツを迅速に作成することができます。

バーチャルアシスタント
ChatGPTは、バーチャルアシスタントとしても利用され、スケジュール管理、メールの作成、会議の設定など、日常業務をサポートします。

言語翻訳
ChatGPTは、テキストの翻訳にも利用され、多言語対応のチャットボットや翻訳ツールとして機能します。

クリエイティブなアイデアの生成
ChatGPTは、ストーリーの作成、詩の生成、音楽の作曲など、クリエイティブなプロジェクトにも利用されています。

ChatGPT APIを無料で使う方法

ChatGPT APIを無料で利用する方法について、以下の情報をまとめました。

無料トライアルの利用
OpenAIの公式トライアルがあります。
OpenAIは新規登録ユーザーに対して、18ドル分の無料クレジットを提供しています。このクレジットは3ヶ月間有効で、その期間内に使い切る必要があります。

無料プロキシAPIの利用
オープンソースのプロキシAPI
GitHub上で提供されているオープンソースのプロキシAPIを利用することで、ChatGPT APIを無料で使用することができます。例えば、`ayaka14732/ChatGPTAPIFree`や`PawanOsman/ChatGPT`などのプロジェクトがあります。

参考 ayaka14732/ChatGPTAPIFree: A simple and open-source proxy API that allows you to access OpenAI’s ChatGPT API for free!

参考 PawanOsman/ChatGPT: OpenAI API Free Reverse Proxy
これらのプロキシAPIは、OpenAIのAPIキーを必要とせずに利用できるように設計されています。ただし、これらのプロジェクトは資金的な制約や運営の持続性に課題があるため、利用可能な期間が限られる場合があります。

無料で利用できる他のサービス
他のプラットフォームの利用
Microsoftの「個人向けCopilot」や「法人向けCopilot」、Poe、リートン(wrtn)などのサービスを利用することで、GPT-4を無料で体験することができます。

注意点
クレジットの有効期限: 無料クレジットは3ヶ月後に失効するため、早めに使い切ることが推奨されます。
利用制限: 無料トライアル期間中に使用できるトークン数には制限があるため、計画的に利用することが重要です。

これらの方法を活用することで、ChatGPT APIを無料で試すことができます。各方法の詳細については、提供元の公式ドキュメントやガイドを参照してください。

ChatGPT APIの料金と支払い方法

ChatGPT APIの料金は、使用したトークン数に基づいて課金される従量課金制です。トークンはテキストの単位であり、1,000トークンは約750単語に相当します。

  • GPT-3.5-turbo: $0.002/1,000トークン
  • GPT-4 (8k context lengths)
  • プロンプトトークン: $0.03/1,000トークン
  • サンプルトークン: $0.06/1,000トークン
  • GPT-4 (32k context lengths)
  • プロンプトトークン: $0.06/1,000トークン
  • サンプルトークン: $0.12/1,000トークン

支払い方法

APIの利用には、事前に支払い情報を登録する必要があります。以下の手順で支払い情報を設定します。

OpenAIアカウントの作成: OpenAIの公式サイトでアカウントを作成します。

支払い情報の登録: アカウントにログインし、「Billing settings」から「Add payment method」を選択し、クレジットカード情報を入力します。

使用可能なカード

Mastercard
Visa
American Express
Discover
Diners Club

無料クレジットとサブスクリプション

無料クレジット: 新規アカウント作成時に$18の無料クレジットが提供されます。このクレジットはAPIの試用に使用できます。

ChatGPT Plus: 月額$20で、優先アクセスや高速応答などの特典が得られますが、APIの利用料金とは別に請求されます。

コスト管理

APIの利用コストを管理するために、使用制限を設定しておきましょう。

OpenAIのダッシュボードで使用制限を設定し、予期しない高額請求を防ぎます。
モデルの選択: 使用するモデルを選択し、必要に応じてコストの低いモデルを利用します。

ChatGPT APIの料金は、使用したトークン数に基づいて課金される従量課金制であり、支払い情報の登録が必要です。無料クレジットやサブスクリプションプランを活用し、コスト管理を行うことで、効率的にAPIを利用することができます。

ChatGPT APIのセキュリティと開発ツール

ChatGPT APIを利用する際、セキュリティ上気をつける点があります。

情報漏えいリスク
ChatGPT APIを通じて入力された情報は、原則としてChatGPTの学習データとして利用されないとされていますが、完全に安全とは言い切れません。そのため、個人情報や機密情報を入力しないようにすることが重要です。
APIを利用するシステムがサイバー攻撃を受ける可能性も考慮し、しっかりとセキュリティ対策を行う必要があります。

APIキーの管理
APIキーの管理やアクセス制限の設定を行うことで、セキュリティリスクを最小限に抑えることができます。APIキーが知られると、課金発生する処理を勝手に使われる恐れがあります。(ネットの掲示板に貼られるなど)

データの保持期間
OpenAIは、悪意のある利用を防止するために送信されたデータを30日間保持することがありますが、オプトアウトフォームを使用することでこの期間を延長しないようにすることができます。

セキュリティ対策
ChatGPTの利用に際しては、セキュリティシステムの導入や、Azure OpenAI Serviceの利用などが推奨されています。これにより、データの暗号化やリアルタイム監視が行われ、セキュリティが強化されます。

関連 ChatGPTの使い方