PR

ChatGPTのゲームを作る方法 テキストやブラウザのゲーム

ChatGPTのゲーム

ChatGPTを使ってゲームを作ることは可能です。以下のようなゲームの作成に活用できます。

テキストベースのゲーム
ChatGPTは文章生成が得意なので、テキストベースの冒険ゲームやミステリーゲーム、対話型のゲームを作ることができます。プレイヤーの入力に応じて、ストーリーを進めたり、選択肢を提示したりできます。

シンプルなブラウザゲーム
JavaScriptを使えば、シンプルな2Dゲームをブラウザ上で作ることができます。ChatGPTにJavaScriptのコードを生成させ、ゲームロジックやグラフィックスを実装できます。例えばパズルゲーム、アクションゲーム、ボードゲームなどが作れます。

ゲーム作成のアイデア出し
ゲームのコンセプトやルール、キャラクター設定などのアイデア出しにChatGPTを活用できます。ゲームデザインの参考にしたり、ブレインストーミングの一助にしたりできます。

ゲームのドキュメンテーション
ゲームのルールブックや説明書、ヘルプファイルなどのドキュメンテーションをChatGPTに生成させることができます。

ゲームのスクリプト
ゲームのストーリーやキャラクターの台詞、イベントシーンなどのスクリプトをChatGPTで書かせることができます。

ただし、高度で複雑なゲームを作るには限界があり、プログラミングスキルや専門知識が必要になります。シンプルなゲームであれば、ChatGPTを活用して作成できますが、大作ゲームを作るのは難しいでしょう。また、生成されたコードやアイデアは人手で確認し、必要に応じて修正する必要があります。

テキストベースのゲームを作るには

ChatGPTを使ってテキストベースのゲームを作成するには、以下の手順が考えられます。

ゲームの概要と目的を決める
ゲームのジャンル(RPG、アドベンチャー、パズルなど)
ゲームの設定(世界観、キャラクター、ストーリーなど)
ゲームの目的(敵を倒す、宝を見つける、謎を解くなど)

ゲームのルールと仕組みを設計する
プレイヤーのアクション(移動、戦闘、アイテム使用など)
ゲームの進行(シナリオ分岐、イベント発生など)
ゲームの終了条件

ChatGPTにゲームの設計を説明し、対話形式でゲームを進行させる
ゲームの状況を説明し、プレイヤーに選択肢を提示
プレイヤーの選択に応じて、新しい状況を生成
ゲームが終了するまで対話を継続

必要に応じてゲームの調整
ルールの変更
選択肢の追加・変更
状況設定の修正

具体的には、ChatGPTにプロンプトを指定して、ゲームの進行役をさせることでテキストベースのゲームが出来上がります。

関連 ChatGPTのプロンプトの作成例やコツ

テキストアドベンチャーゲーム

あなたはテキストベースのアドベンチャーゲームのゲームマスターです。私が主人公で、テキストで行動を入力します。あなたは主人公の視点から景色を説明し、行動の選択肢を提示してください。1つのユニークなコードブロック内では、ゲームの出力のみを行ってください。私は選択肢を入力しますので、入力に基づいてゲームを進行させてください。

 

テキスト冒険ゲーム

逆に、自分がゲームマスター、ChatGPTにプレイヤー役をさせるゲーム。

あなたは冒険の物語を作り上げるゲームマスターです。私が主人公となり、テキストで行動を入力します。あなたは主人公の視点から状況を説明し、選択肢を提示してください。コードブロック内では物語の展開のみを記述し、選択肢は記述しないでください。私が選択肢を入力すると、その選択に基づいて物語を進行させてください。

 

テキストRPG

あなたはテキストベースのRPGのゲームマスターです。私がプレイヤーキャラクターとなり、テキストでコマンドを入力します。あなたは現在の状況を説明し、プレイヤーが取れる行動を選択肢として提示してください。コードブロック内では状況説明のみを記述してください。私がコマンドを入力すると、その内容に基づいてゲームを進行させてください。

これらのプロンプトでは、ChatGPTにゲームマスターの役割を与え、ユーザーが主人公やプレイヤーキャラクターとなって進行を促します。選択肢の提示と、ユーザー入力に基づく物語の展開がポイントです。ゲームのジャンルや設定を変えれば、さまざまなテキストゲームが作れます。

シンプルなブラウザゲームを作るには

ChatGPTを使ってシンプルなブラウザゲームを作成するには、例えば以下の手順でおこないます。

ゲームのアイデアを決める
最初にゲームのコンセプトやルール、目的などを決めます。シンプルなゲームがよいでしょう。例えば、テトリスやスネークゲーム、ブロック崩しなどが適しています。

ChatGPTにゲームの説明をする
ChatGPTに作りたいゲームの概要を説明します。ゲームのルール、目的、プレイヤーの操作方法など、できるだけ詳しく説明するとよいでしょう。

コードを生成してもらう
ChatGPTにHTML、CSS、JavaScriptのコードを生成するよう依頼します。コードの生成を求める際は、”HTMLコードを書いてください”、”JavaScriptのコードを書いてください”などと具体的に指示します。

コードを確認し、修正を依頼する
生成されたコードを確認し、動作を確かめます。バグがあれば、ChatGPTにバグの内容を説明し、修正を依頼します。

ゲームを完成させる
コードの修正を重ね、ゲームの機能が完成したらCSSでデザインを整えます。ChatGPTにCSSのアドバイスを求めるとよいでしょう。

ゲームをテストし、さらに改善する
完成したゲームをテストし、改善点があれば再びChatGPTに相談します。ゲームの機能拡張なども依頼できます。

この手順を繰り返すことで、ChatGPTの支援を受けながらシンプルなブラウザゲームを作成することができます。プログラミングの知識がなくても、ChatGPTがコーディングを支援してくれるので、ゲーム制作に挑戦しやすくなります。

ただし、生成したコードは、そのままでは動かないこともあり、エラー内容などはある程度理解しておく必要があります。

シンプルなゲームに限定している理由は、ChatGPTが1回の回答で出力するコードの長さに限界があるためです。あまりに長いコードは、バグが出やすくなりますし、バグを修正する指示を出してもうまく行かないことが多いです。

ゲーム作成のアイデア出し

ChatGPTを使ってゲームのアイデアを出す方法を紹介します。

ゲームのジャンルやテーマを指定する
ChatGPTに「ホラーゲームのアイデアを出してほしい」「子供向けの教育ゲームのアイデアが欲しい」など、ジャンルやターゲット層を指定してアイデアを要求します。ChatGPTがそのジャンルに合ったアイデアを複数出してくれます。

メカニクスやゲームプレイから出す
「1対1の対戦型ゲームでプレイヤーが盤上を動かせるキャラクターを操作するゲームのアイデア」など、ゲームのメカニクスやプレイスタイルを指定するとそれに合ったアイデアが出てきます。

世界観やストーリーから出す
「中世ヨーロッパを舞台にした魔法とドラゴンが登場するRPGのアイデア」など、ゲームの世界観やストーリーの概要を与えると、その設定に合ったゲームアイデアが生まれます。

既存のゲームを参考にする
「マリオのようなプラットフォーマーゲームのアイデアが欲しい」と既存の人気ゲームを参考にすると、そのジャンルの新しいアイデアが生まれやすくなります。

制約条件を設ける
「スマートフォンでタップ操作のみで遊べる簡単なゲームのアイデア」など、プラットフォームや操作方法、ゲームの複雑さなどの制約を設けるとユニークなアイデアが生まれる可能性があります。

このように、ChatGPTにゲームのジャンル、メカニクス、設定、制約などを与えることで、さまざまなゲームアイデアを生み出すことができます。

ただ、ChatGPTは「面白さ」を理解しているわけではなく、そのままだと「それの何が面白いの?」というアイデアもたくさん出てきます。

とにかくChatGPTはバリエーションをたくさん生成するのが得意なので、出てきたアイデアをベースに、人間がブラッシュアップしていけば面白いゲームを作る手助けになるでしょう。

ゲームのドキュメンテーションを作成

ChatGPTを使ってゲームのドキュメンテーションを作成するには、以下のようなプロンプトを使います。

私はゲームのドキュメンテーションを作成したいと考えています。ゲームのタイトルは「[ゲームタイトル]」で、ジャンルは[ジャンル]です。このゲームの概要、ゲームプレイの流れ、キャラクター、ゲームルール、レベルデザイン、アート方針などについて詳しく説明してください。また、ゲームの開発に関する技術的な詳細についても触れてください。マークダウン形式で出力してください。

 

このプロンプトでは、ゲームのタイトル、ジャンル、必要な情報の種類を指定しています。ChatGPTはこの指示に従って、包括的なゲームドキュメンテーションをマークダウン形式で生成するでしょう。

生成されたドキュメンテーションには以下のようなセクションが含まれる可能性があります

[ゲームタイトル]

概要
ゲームの背景、設定、ストーリーの概要

ゲームプレイの流れ
ゲームのメインループ、目的、勝利条件

キャラクター
主要キャラクターの紹介、能力、役割

ゲームルール
ゲームの基本ルール、メカニクス

レベルデザイン
レベルの構造、難易度曲線

アート方針
視覚的スタイル、グラフィックスの方向性

技術的詳細
使用したゲームエンジン、プログラミング言語、ツール
実装上の課題とその解決策

生成されたドキュメンテーションはあくまでベースになるものなので、開発チームで内容を確認し、必要に応じて修正、追加をする必要があります。

ChatGPTを活用することで、ドキュメンテーションの初期ドラフトを効率的に作成できます。

ChatGPTでゲームのシナリオを作成する

ChatGPTを使ってゲームのシナリオを作成するのは可能です。

ただし、完全に自動化して高品質なシナリオを生成するのは難しく、人間の創造性と編集が必要不可欠です。以下は、ChatGPTを活用してゲームのシナリオを作成する一般的な手順です。

ゲームの概要を設定する
ゲームのジャンル、テーマ、ターゲット層、プレイスタイルなどの基本情報を決めます。この情報をChatGPTに入力して、シナリオの方向性を定めます。

ストーリーの大枠を作成する
ChatGPTに「ゲームの概要」と「ストーリーの要件」を入力し、ストーリーの大枠を生成してもらいます。

要件例:

  • 主人公の設定
  • 冒険の目的
  • 主要な敵や障害
  • クライマックスのポイント
  • 複数のエンディングパターン

詳細なシナリオを作成する
大枠ができたら、ChatGPTにさらに詳細な指示を出して、シーン別のシナリオを生成してもらいます。

  • 各シーンの状況設定
  • キャラクターの会話
  • 選択肢とその結果
  • 戦闘の流れ

人間による編集と調整
ChatGPTが生成したシナリオを人間が確認し、不自然な部分を修正したり、創造性を加えたりします。ゲームの世界観に合わないところは書き直します。

反復的な改善
人間が編集したシナリオをChatGPTに再入力し、さらに詳しい指示を加えて改善を重ねます。この作業を繰り返すことで、徐々にシナリオの質が向上します。

ChatGPTはあくまで支援ツールです。ゲームのシナリオ作成には人間の創造性が不可欠で、ChatGPTはアイデア出しや下書き作成の効率化に役立ちますが、最終的な品質は人間の手作業による調整次第です。

ChatGPTと人間とで、シナリオ作成の効率が大幅に向上する可能性があります。

ChatGPTのゲーム作成のまとめ

  • テキストチャットベースのゲームは、プロンプト指定のみで作成可能
  • シンプルなゲームの場合は、プロンプト指定でソースコードを出力させることができる
  • 本格的なゲーム開発のアイデア出しやシナリオ作成、ドキュメント支援として使用することもできる

関連 ChatGPTの使い方