PR

Grok AIの使い方 Twitter(X)のAIチャットボット

Grok AIの使い方

Grok AIは、イーロン・マスク氏が設立したxAI社が開発した対話型AIです。以下がGrokの主な使い方と特徴です。

xAI Grok

 

Xプラットフォームへのアクセス
Grokは、Xプラットフォーム上で利用できます。Xの有料プラン「Xプレミアム+」に加入する必要があります。

チャットインターフェースでの対話
Xのサイドバーメニューから「Grok」を選択すると、チャット画面が開きます。そこで自然言語による質問や指示を入力できます。

モード切り替え
Grokには「ユーモアモード」と「標準モード」の2つのモードがあり、状況に応じて切り替えられます。ユーモアモードではウィットに富んだ回答が得られます。

リアルタイム情報へのアクセス
Grokは、Xプラットフォームを介してリアルタイムの情報にアクセスできます。最新のニュースやイベントについて質問できます。

マルチタスク処理
Grokは複数のタスクを同時に処理できます。異なるコンテキストを切り替えながら作業できます。

コード生成と編集
Grokにコーディングを指示すると、コードを生成してくれます。生成したコードはVS Codeで直接編集できます。

Grokは Xプラットフォームを介したリアルタイム情報へのアクセスが大きな特徴です。

Grokの特徴

Xの対話型AI「Grok」の主な特徴は以下の通りです。

リアルタイムの情報を提供

Grokは、Xのリアルタイムの投稿にアクセスできるため、最新の出来事や話題に関する質問に回答できます。 この点が他のAIアシスタントとは大きく異なる特徴です。

ユーモア溢れる個性的な応答

Grokは、ユーモアと個性に富んだ応答をするよう設計されています。 辛辣な質問にも反応し、時に反抗的な態度を見せることもあります。

高い推論・コーディング能力

Grok-1は330億のパラメータを持ち、GPT-3.5LLaMa 2を上回る推論・コーディング能力を有しています。 HumanEvalなどのベンチマークでトップクラスの成績を収めています。

ただ、AIベンチマークっていろんな種類があって、「xxxというベンチマークで優秀でした!」と言われても、当てにならない感じはあります。

関連 LLMのベンチマーク 人間や他のAIによる自動評価

Grokは、リアルタイム性と個性的な応答が最大の特徴ですが、まだ発展途上の技術であり、今後さらなる進化が期待されています。

Grok-1.5

最新バージョンのGrok-1.5、2024年5月に発表。

関連 イーロン・マスク氏のLLM「Grok」、1.5更新で画像認識可能に – ITmedia NEWS

コーディングと数学の能力向上

Grok-1.5は、コーディングと数学に関するタスクの処理能力が大幅に向上しました。

ベンチマークの比較も出ています。数学系のベンチマーク、Mathvistaで1位ですね。

Grok-1.5 Vision Preview

ベンチマーク1位を取っている項目もありますが、圧倒的1位とはいかないようです。ベンチマークで数%の差って、体感できるほどじゃないと思うんですよね。

比較を見た感想としては、「どれもたいして変わらないんだな」と思ってしまいます。

長文テキストの処理能力向上

  • Grok-1.5は最大128,000トークン(約64,000語)のコンテキストウィンドウを処理できるようになり、長文の分析・要約・情報抽出に適しています。これはGPT-4と同等の能力です。

マルチモーダル機能の追加

後継バージョンのGrok-1.5Vでは、テキストだけでなく画像や図表、写真などの視覚情報を処理できるマルチモーダル機能が追加されました。手書きのフローチャートからコードを生成したり、写真から物語を作成したりできます。

xAIは独自のRealWorldQAベンチマークでGrok-1.5Vが他のマルチモーダルモデルを上回る実世界の空間理解能力を示したと主張しています。

Grok AIのメリットとデメリット

Grok AIには以下のようなメリットとデメリットがあると考えられます。

メリット

リアルタイムの最新情報にアクセス可能
オープンソースによる透明性と改良の機会
ユーモア性のある対話
幅広い質問に対応

リアルタイムの最新情報にアクセス可能
Grok AIはXのプラットフォームを通じて世界中の最新情報を取り込むことができます。従来のAIモデルとは異なり、常に最新の知識を持っているのが大きな強みです。

オープンソースによる透明性と改良の機会
イーロン・マスクはGrok AIをオープンソース化する方針を示しています。オープンソースにすることで、モデルの透明性が高まり、多くの開発者が改良に参加できるメリットがあります。

幅広い質問に対応
Grok AIは難しい質問にも答えられるよう設計されています。他のAIシステムでは拒否される質問にも柔軟に対応できる点が特徴的です。

ユーモア性のある対話
Grok AIは少し機知に富んだ質問に対して、ユーモアを交えた反応をするよう設計されています。人間らしい対話を楽しめる可能性があります。

デメリット

偏りのリスク
有害な出力のリスク
アクセス制限
性能の未知数

偏りのリスク
イーロン・マスクは当初、Grok AIを政治的に中立的なAIとしてアピールしていましたが、実際には一貫した中立性を保つのは難しいと指摘されています。

有害な出力のリスク
AIモデルが有害な情報や誤った情報を生成するリスクは常にあります。Grok AIもその例外ではありません。

アクセス制限
現時点ではXのプレミアムプラス会員のみがGrok AIを利用できます。一般への公開時期は不明です。

性能の未知数
Grok AIはまだ開発の初期段階にあり、性能面での実力は未知数の部分が多くあります。今後の進化が期待されますが、現状での評価は難しいでしょう。

Grok AIはリアルタイム性と対話性に長けた新しいAIモデルですが、偏りや有害性のリスク、アクセス制限など課題も多く残されています。今後の進化と一般公開が注目されるところです。

Grok AIの料金

Grok AIの料金は、サブスクリプションプランによって異なります。主な料金体系は以下の通りです。

Xプレミアム+プラン (スマートフォンから加入)

  • 月額1,380円

Xプレミアム+プラン (デスクトップから加入)

  • 月額 980円

Grok AIは現在、Xの最上位プランであるプレミアム+に限定されており、無料では利用できません。プレミアム+には広告のないX体験、ブルーチェックマーク、投稿の編集機能など、他の特典も含まれています。

Xプレミアム+以外のGrok AI利用プランの詳細は発表されていませんが、将来的には別の料金体系が設けられる可能性があります。

価格は比較的高めですが、Grok AIはGPT-3.5よりも優れた性能を持つと主張されており、リアルタイムのデータにアクセスできるという大きな利点があります。料金対効果については、実際に使ってみて判断する必要がありそうです。

Grok AIのまとめ

  • Grokは、X(旧Twitter)上で動作するAIチャットボット。
  • 性能はGPT-3.5より優れていると言われている。リアルタイムデータにアクセスが可能
  • 利用するには、Xプレミアム+プランに課金する必要がある