PR

文字起こしの相場は?見積もり方法や業者の選び方

文字起こしの相場

文字起こし(テープ起こし)の相場について詳しく解説します。文字起こしは、録音された音声データをテキストに変換する作業で、会議の議事録作成やインタビューの文字起こしなど、さまざまな場面で利用されています。この記事では、文字起こしの相場や依頼方法、選び方について説明します。

文字起こしの料金は、依頼する業者やサービスの種類によって異なります。以下に、一般的な相場を紹介します。

専門業者の相場

専門業者に依頼する場合、料金は音声データの長さや内容の専門性によって変動します。一般的な相場は以下の通りです。

  1. 音声1分あたりの単価:200円~300円
  2. 文字数単価:1文字あたり1円~1.5円

例えば、60分の音声データを文字起こしする場合、12,000円~18,000円が相場となります。

AI文字起こしサービスの相場

AIを利用した自動文字起こしサービスは、手動の文字起こしに比べて安価で迅速です。以下は一般的な相場です。

  • 音声1分あたりの単価:2.5円~40円

AI文字起こしサービスは、短納期での対応が可能で、精度も高いことが特徴です。

関連 AI文字起こしを比較 

個人への依頼

クラウドソーシングサイトなどで個人に依頼する場合、料金は以下の通りです。

  • 音声1分あたりの単価:6円~200円

関連 【文字起こしの料金は?】費用相場や見積もりでの注意点3選

個人に依頼する場合、料金は安く抑えられますが、品質や納期の信頼性にばらつきがあることが多いです。

文字起こしの依頼方法

文字起こしを依頼する際には、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

見積もりの取得

まずは、複数の業者から見積もりを取得し、料金や納期を比較します。見積もりを依頼する際には、音声データの長さや内容、納期の希望を明確に伝えることが重要です。

サービス内容の確認

業者によって提供するサービス内容が異なるため、以下の点を確認しましょう。

  • 校正の有無:校正が含まれているかどうか
  • 納期:希望する納期に対応できるか
  • 専門性:専門用語や特定の分野に対応できるか

例えば、医療や法律などの専門分野の文字起こしには、専門知識を持つスタッフが対応する業者を選ぶと良いでしょう。

追加料金の確認

納期の短縮や専門性の高い内容には追加料金が発生することがあります。以下のような追加料金が一般的です。

  • 特急料金:通常納期より早く納品する場合
  • 専門性割増:医療や法律などの専門分野の場合
  • 休日割増:土日祝日の作業の場合

これらの追加料金を事前に確認し、予算に合わせて依頼することが重要です。

文字起こしの見積もり方法

文字起こしの見積もりを依頼する際には、料金体系や納期、仕上げ方法などを明確に伝えることが重要です。録音時間に基づく料金計算が一般的ですが、文字数に基づく計算方法もあります。特急納品や専門的な内容の場合は追加料金が発生することもあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

文字起こしの料金体系は録音時間に基づくものと、文字数に基づくものがあります。

録音時間に基づく料金計算
多くの文字起こし業者は、録音時間に基づいて料金を計算します。基本的な計算式は以下の通りです。

料金 = 録音時間(分) × 基本料金(円/分) + 税

例えば、佐藤編集事務所では、標準コースの基本料金が1分あたり200円(税別)、リライトコースが1分あたり300円(税別)です。録音時間が60分の場合、標準コースでは12,000円(税別)、リライトコースでは18,000円(税別)となります。

関連)テープ起こし・文字起こしの料金と納期 | 佐藤編集事務所

文字数に基づく料金計算
一部の業者では、起こした文字数に基づいて料金を計算する方法もあります。この場合、1文字あたりの単価が設定されており、例えば1文字1円が相場です。1時間の音声で約14,000文字が平均とされているため、1時間の文字起こし料金は約14,000円となります。

見積もり依頼の手順

見積もりフォームの利用
多くの文字起こし業者は、ウェブサイト上に見積もりフォームを設置しています。例えば、「自分de見積もり」では、録音時間や希望納期を入力するだけで自動的に見積もり金額が算出されます。

見積もり依頼のポイント
見積もりを依頼する際には、以下のポイントを明確に伝えることが重要です。

  • 録音時間: 音声データの長さを正確に伝えます。
  • 納期: 希望する納品日を指定します。特急納品が必要な場合は、その旨も伝えます。
  • 仕上げ方法: 素起こし、ケバ取り、リライトなど、希望する仕上げ方法を選択します。
  • 専門用語の有無: 医療やITなど、専門用語が多い場合はその旨を伝えます。

基本料金
文字起こしの基本料金は、録音1分あたり200円から300円が相場です。例えば、60分の録音音声を起こす場合、12,000円から18,000円が目安となります。

追加料金
特急納品や専門的な内容の場合、追加料金が発生することがあります。例えば、特急納品の場合は数千円の上乗せがあることが一般的です。

具体的な見積もり例は以下の通り。

標準コースの見積もり例
録音時間: 60分
基本料金: 200円/分(税別)
計算式: 60分 × 200円 = 12,000円(税別)
リライトコースの見積もり例
録音時間: 60分
基本料金: 300円/分(税別)
計算式: 60分 × 300円 = 18,000円(税別)

文字起こしの仕上げ(素起こし、ケバ取り、リライト)

文字起こしには、主に「素起こし」「ケバ取り」「リライト(整文)」の3つの方法があります。

素起こしは正確な記録が必要な場合に、ケバ取りは読みやすさを重視する場合に、リライトはさらに整った文章が求められる場合に適しています。それぞれの手法を理解し、適切に使い分けることで、効果的な文字起こしが可能となります。

素起こし

素起こしとは、音声データを一字一句正確に文字に起こす方法です。この手法では、「あのー」「えーっと」などの意味のない言葉や、言い淀み、言い間違いもすべてそのまま文章化します。素起こしの特徴は以下の通りです。

  • 正確性:話された内容をそのまま文字に起こすため、会話の正確な再現が求められる場面で使用されます。
  • 臨場感:その場の雰囲気や話者の感情を正確に伝えることができます。
  • 用途:裁判の証拠、カウンセリング、会話分析、言語研究など。

ケバ取り

ケバ取りとは、音声データから意味のない言葉や不要な表現を取り除く方法です。「ケバ」とは、「あのー」「えー」などのフィラーや、相槌、言い淀みなどを指します。ケバ取りの特徴は以下の通りです。

  • 読みやすさ:無意味な言葉を削除することで、文章が読みやすくなります。
  • バランス:話者の個性やニュアンスを残しつつ、不要な部分を削除します。
  • 用途:インタビュー記事、会議の議事録、シンポジウムの記録など。

リライト(整文)

リライト(整文)とは、ケバ取りを行った上で、話し言葉を読みやすい書き言葉に修正する方法です。リライトの特徴は以下の通りです。

  • 文体の統一:文末を「です・ます調」や「である調」に統一し、文章全体の調和を図ります。
  • 短文化:長すぎる一文を短く区切り、読みやすくします。
  • 内容の保持:話の内容を大幅に変えずに、読みやすさを向上させます。
  • 用途:印刷物、デジタルコンテンツの原稿、対談記事など。

具体的な例を見ていきましょう。

素起こしの例
えー、本日はお忙しい中お越しくださり、それとお寒い中お越しくださり、誠にありがとうございます。わたくしは、あの、田中と申します、本日の司会進行の担当なんですけど。えっと、後半のディスカッション部分の進行は鈴木のほうで行いますが、はい。
ケバ取りの例
本日はお忙しい中お越しくださり、お寒い中お越しくださり、誠にありがとうございます。わたくしは田中と申します、本日の司会進行の担当なんですけど。後半のディスカッション部分の進行は鈴木のほうで行いますが。
リライトの例
本日はお忙しい中お越しいただき、誠にありがとうございます。私は田中と申します。本日の司会進行を担当いたします。後半のディスカッション部分は鈴木が進行いたします。

文字起こしサービスの選び方

文字起こしサービスを選ぶ際には、以下のポイントを考慮しましょう。

品質

品質の高い文字起こしを求める場合、ダブルチェックや校正が含まれている業者を選ぶと良いでしょう。サンプル原稿を依頼して、品質を確認することもおすすめです。

料金

料金は業者やサービスによって異なるため、見積もりを比較してコストパフォーマンスの良い業者を選びましょう。安すぎる業者は品質に不安がある場合があるため、相場に近い料金の業者を選ぶと安心です。

納期

納期が重要な場合、特急料金を支払ってでも早く納品してもらえる業者を選ぶと良いでしょう。納期を守れないと信頼性に影響するため、納期厳守の業者を選ぶことが大切です。

セキュリティ

機密性の高いデータを扱う場合、セキュリティ体制が整っている業者を選びましょう。ISMSやPマークを取得している業者は、セキュリティ対策がしっかりしていることが多いです。

まとめ

文字起こしの相場は、依頼する業者やサービスの種類によって異なります。専門業者に依頼する場合は、音声1分あたり200円~300円が相場であり、AI文字起こしサービスは2.5円~40円と安価です。依頼する際には、見積もりを取得し、サービス内容や追加料金を確認することが重要です。品質、料金、納期、セキュリティの観点から、自分に合った文字起こしサービスを選びましょう。