PR

Rytr AIの使い方 メリットとデメリット、機能と料金

Rytr AIの使い方

Rytrは、GPT-3を使用したAIライティングツールです。以下のようにRytrを使うことができます。

Free AI Writer, Content Generator & Writing Assistant | Rytr(公式サイト)

登録とログイン

Rytrの公式サイト(https://rytr.me/)にアクセスし、「Start Ryting」ボタンをクリックします。Google、Facebook、LinkedIn、またはメールアドレスでアカウントを作成します。

言語とトーンの設定

言語を選択します。日本語を含む33の言語に対応しています。 次に、文章のトーンを選びます(例:説得力のある、楽しげな、フォーマルなど20種類以上から選択可能)。

ユースケースの選択

ブログ記事、SNS投稿、メール、広告コピーなど40種類以上のユースケースから目的に合わせて選びます。

プロンプトの入力

選んだユースケースに応じて、キーワードやタイトル、アウトラインなどのプロンプトを入力します。

文章の生成

入力したプロンプトに基づいて、AIがオリジナルの文章を数秒で生成します。

編集と出力

生成された文章はリッチテキストエディタで編集できます。剽窃チェッカーで剽窃を確認し、クリーンな文章にすることもできます。完成した文章はコピー&ペーストでブログなどに出力します。

Rytrは無料で月に10,000文字まで利用できますが、有料プラン($9/月の50,000文字や$29/月の無制限など)に加入するとさらに活用できます。 英語が苦手な場合は、日本語を英語に変換してからRytrに入力し、出力を日本語に戻すと良いでしょう。

 

Rytr AIの料金

Rytrには3つの料金プランがあります。

無料プラン

  • 料金: 無料
  • 月間10,000文字まで生成可能
  • 40以上のユースケース(テンプレート)が利用可能
  • 30以上の言語で書くことができる
  • 20以上のトーンを選択可能
  • プレミアムコミュニティへのアクセス権
  • 組み込みの盗作チェッカーが利用可能
  • 月5枚のAI生成画像が作成可能

Unlimitedプラン

  • 料金: $7.50/月(年払いの場合)
  • 無制限の文字生成が可能
  • 1つのカスタムトーンを作成可能
  • 月50回の盗作チェック
  • その他の機能は無料プランと同じ

Premiumプラン

  • 料金: $24.16/月(年払いの場合)
  • 無制限の文字生成
  • 5つのカスタムトーンを作成可能
  • 40以上の言語で書くことができる
  • 月100回の盗作チェック
  • その他の機能は無料プラン、Unlimitedプランと同じ

AIライティングツールとしては、値段がとても安いです。特にUnlimitedプラン。

無料プランは、Rytrの機能お試し用という位置づけ。本格的に利用するなら、Unlimitedプランか、さらに高機能なPremiumプランを選ぶことになります。

日本語対応

Rytrは日本語での文章生成に対応しています。

30以上の言語に対応しており、日本語も対応しているという感じ。インターフェースは英語表示ですが、Google翻訳を利用すれば日本語化できます。(Chromeなどで、右クリック→「日本語に翻訳」を選ぶ)

日本語のトーンとユースケース

22種類の文章のトーン(例: フォーマル、カジュアル、ユーモア等)が日本語で選択可能です。
様々なユースケース(ブログ記事、メールなど)の中から日本語で選択できます。

日本語での操作性

日本語のプロンプト(指示)を入力すれば、それに沿った日本語の文章を生成します。
生成された文章はほぼリアルタイムで表示され、数秒で完成します。

とは言え、海外製のツールなので、生成された日本語が自然かどうかは、運営側でチェックできないと考えられます。

日本語のサポート

Rytrの公式サイトやインターフェースは英語表示で、日本語表示に切り替える方法はありません。(Chromeの機能で日本語翻訳することは可能)

また、日本語でのサポートについては明確な情報がありませんでした。公式サイトを確認する限り、サポートは英語のみのようです。

そのため、日本語独自の問題が起こった場合は、サポートに問い合わせても「こちらでは問題が再現できない」と言われて解決できないかも知れません。(海外ツールあるあるですね)

Rytrは世界中で650万人以上に使われているグローバルなAIツールです。 今後、日本からの需要が高まれば、将来的に日本語サポートを検討する可能性はあるかもしれません。

現時点では、日本語のインターフェースや日本語でのサポートは提供されていないと考えられるため、業務レベルで使用する場合には注意が必要です。

Rytr AIのまとめ

現時点では、特に「これだ!」という特徴もないAIライティングツールです。

日本語の文章生成はできますが、日本語が関連するトラブルが起こった場合、サポートでの解決はあまり期待できないかも。

しかし、料金は、一般のAIライティングツールと比べて安いです。生成される文章のクォリティが気にならなければ、検討の価値アリです。

関連 AIライティングツール おすすめ